総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2017年 > 「医療機関における電波の利用環境・安全性に関する説明会」を富山市で開催 〜 電波利用による医療現場での利便性を向上 〜

報道資料

平成29年1月12日
北陸総合通信局

「医療機関における電波の利用環境・安全性に関する説明会」を富山市で開催
〜 電波利用による医療現場での利便性を向上 〜

 総務省北陸総合通信局(局長 吉武 久(よしたけ ひさし))は、主に医師、看護師、臨床工学技士、病院の事務長といった方々を対象に「医療機関における電波の利用環境・安全性に関する説明会」を下記のとおり開催します。
 説明会では、篠澤康夫総務省電波環境課課長補佐から電波の安全性に関する取り組みについて説明し、続いて医療情報・病院設備が専門の佐賀大学花田英輔教授から「医療現場において安心・安全に電波を利用するための手引き(注)」と医療のICT化の進展による無線通信と医療機器間の相互影響と必要な対策について説明します。最後にネットワークキュリティに関する普及啓発活動を行っている一般社団法人ICT−ISACの齋藤和典事務局次長が無線LANを安全に利用するための注意点について説明します。
 北陸総合通信局では、今後とも同様の説明会を開催し、電波利用による医療現場での利便性の向上を図っていきます。
(注)
 電波環境協議会により平成28年4月に取りまとめられたもの。
 同協議会は電波による電子機器等への障害を防止・除去するための対策を協議するための学識経験者、関係省庁、業界団体等により構成された協議体。総務省も構成員として参加。
 (電波環境協議会ホームページ : http://www.emcc-info.net/

  1. 開催日時
    平成29年2月18日(土)14時00分〜16時50分

  2. 開催場所
    協同組合富山問屋センター 富山流通会館 中ホール
    (富山市問屋町1−3−18)

  3. 内容  案内チラシはこちらからPDF

    講演1 「電波の安全性に関する総務省の取組」
       講師:篠澤 康夫(しのざわ やすお)
           (総務省総合通信基盤局 電波部電波環境課 課長補佐)

    講演2 「医療現場において安心・安全に電波を利用するための手引きと無線通信・医療機器の相互影響」
       講師:花田 英輔(はなだ えいすけ)氏
           (国立大学法人佐賀大学大学院 工学系研究科 知能情報システム学専攻 教授)

    講演3 「無線LANの安全な利用に向けて」
       講師:齋藤 和典(さいとう かずのり)氏
           (一般社団法人ICT−ISAC 事務局次長)

  4. 定員等
    80名、参加無料(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

  5. 申込方法
    団体名、氏名(複数名の場合は代表者氏名と参加人数)、連絡先(電話番号、FAX番号、又はメールアドレス)を明記の上、電子メール、FAX、又は郵便にて送付してください。

    (送付先) e-mail : hokuriku-kanshi_atmark_soumu.go.jp
                ※ スパムメール対策のため「@」を「_atmark_」と表示しております。
                  送信の際は「@」に変更してください。
            FAX:076−233−4434
            郵便:〒920−8795
                金沢市広坂2−2−60
                北陸総合通信局 監視調査課 あて

  6. 申込期限
    平成29年2月13日(月)

  7. 主催等
    主催:総務省北陸総合通信局
    後援:厚生労働省東海北陸厚生局、富山県、公益社団法人富山県医師会、
        公益社団法人富山市医師会、一般社団法人富山県臨床工学技士会、
        北陸情報通信協議会
(関連報道資料)

 ・「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き」等の公表
  (平成28年4月4日 総務省発表)
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban16_02000123.html

・「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き」等の公表について
  (平成28年4月4日 電波環境協議会発表)
  http://www.emcc-info.net/info/info280404.html

連絡先
無線通信部監視調査課
担当:加藤、石原
電話:076−233−4440

ページトップへ戻る