不法無線局

不法無線局は、電波法にふれるだけでなく、様々な電波障害を引き起こす社会悪です。 

このページでは、電波の役割や、不法電波が引き起こす影響などについてご説明しています。

電波はいろいろなところで使われています。

電波は、テレビやラジオ、携帯電話やPHSそしてアマチュア無線といった身近なものから、警察無線や消防・救急無線、鉄道無線などの公共的なものまで私たちの身の周りで幅広く利用されています。この電波を、できるだけ多くの人が、公平に、しかも能率的に使用できるようにするために、電波を正しく使用するルール【電波法】が定められています。 

安全で豊かな社会のために電波はルールを守り正しく使いましょう。

電波を使用するためには、原則として総務大臣の免許が必要です。免許を受けない「不法無線局」から発射される電波は、警察無線・消防無線・防災行政無線など国民の人命、財産を守るために大切な役割を果たしている無線通信やテレビ、ラジオなどに種々の混信・妨害を発生させます。私たちの人命や財産を守り、多くの人が電波を安心して使用できるよう不法無線局を一掃しましょう。不法無線局の主なものに「不法市民ラジオ」「不法パーソナル無線」「不法アマチュア無線」があります。 

無線機を買うときに注意することは?

コードレス電話や特定小電力トランシーバー、市民ラジオを使うときは、必ず認証マークがついているかどうかを確認してください。携帯電話やPHSなどにも、認証マークがついています。電波はルールを守って正しく使いましょう。

 

 【認証マーク】

認証マーク  

主な不法無線局  不法無線局の特徴・影響・障害事例 (PDF401KB)

不法無線局には、次のようなものがあります。

(1) 不法市民ラジオ

国内で使用が認められている市民ラジオは、出力0.5wまで、周波数は27MHz帯8チャンネルで、必ず認証マークが添付されています。認証マークのない市民ラジオは不法な市民ラジオで、国内では使用することができません。

 妨害事例

  • 船舶用無線を妨害し、漁船などの緊急通信が困難となる
  • 電話の通話に雑音が入る
  • テレビの画面・音声が乱れ、視聴が困難となる 

(2) 不法パーソナル無線

パーソナル無線には、操作資格はいりませんが無線局の免許が必要です。また、パーソナル無線機に改造を加えて、出力を大きくしたり、指定されたチャンネル以外の周波数で電波の発射を可能にしたものが、不法パーソナル無線です。不法パーソナル無線は“チャンネル固定可能”“スペシャル機能付”などといったキャッチフレーズで販売され、改造品の場合も認証マークがそのまま添付されています。たとえマークがあっても、このような機器は国内では、使用することができません。購入に当たって、注意が必要です。

 妨害事例

  • 携帯電話、PHSが利用できない
  • MCA陸上移動無線が利用できない

(3) 不法アマチュア無線

アマチュア無線は、無線従事者の資格と、無線局の免許の両方が必要です。また、両方そろっていても、市販のアマチュア無線機に改造を加えて出力を大きくしたり、アマチュアバンド以外での周波数で電波の発射を行うことは禁じられており、国内で使用することのできない輸出用のアマチュア無線機を購入する場合は、特に注意が必要です。なお、アマチュアバンド内ではバンドごとに使用できる電波の種類などが定められています。また、アマチュア無線は、仕事で使うことはできません。

 妨害事例

  • 消防・救急無線を妨害し、消防・救急車の現場到着などを遅らせる
  • 鉄道用の無線を妨害し、電車の正常な運行が困難となる
  • 正常なアマチュア無線の通信ができない

不法・違法電波の脅威!

トラック等から発射される極めて強い電波は思わぬ事故を起こす危険性があります。

例えば・・・例) 東京調布市で起きた火災では
しまっておいた石油ストーブから突然出火し、火事となった東京調布市の事件。原因究明のための実験によると、このストーブは、点火システムに電子回路を使用しており、極めて強力な電波を受けた場合、電子回路の誤作動を起こすことが判明。この強力な電波は、近くを通るトラック等の車両に設置された極めて高出力の不法無線機から発射された電波の可能性があるとみられています。
誤作動のメカニズム
ストーブの電子回路に強力な電波が入り込む
電子回路の配線がアンテナの役目をして電圧を誘起
あたかも点火スイッチを押した状態と同じ現象が発生、点火
誤作動を引き起こす強電界。
実験によると27MHz帯、及び150MHz帯の周波数では次の強電界でストーブが誤作動。
誤作動した時の電界強度(極めて強い電波)
150MHz帯の周波数の場合: 127dBμV/m
27MHz帯の周波数の場合: 102dBμV/m 
※関東総合通信局での実験結果です

 

ブースター等で増幅された極めて強力な電波は大変危険。

 トラック等に設置されている不法無線局から発射される電波は、ブースターにより極めて大きな出力になっていることが多く、こうした車両が走行中に電波を発射すると至近距離の家庭は店舗、工場等の電子機器の誤動作を引き起こす可能性が高く、大変危険です。

 ブレーカーが落ちるなどの被害も。

 一般市民の方から、ブレーカーが落ちる、電源を切っておいた機器の電源が入る、などの被害報告も後を絶ちません。これらも、大出力の無線設備(不法CB)を搭載したトラック等の車両が通過した際に発生している可能性があります。

不法無線局を使うとどうなる?

関東総合通信局では警察と共同で、「不法無線局」の取り締まりを行っています。不法無線局を開設したり、運用したりすると、1年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処せられます。 

クリーンな電波環境の確保に向けて

関東総合通信局では、電波監視システム(DEURAS)などを活用して、不法無線局の探査業務を行っています。また不法無線機を搭載している車両については、警察と共同で路上取り締まりを行うなど、より良好な電波環境の実現を目指しています。 

ページトップへ戻る