総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 関東総合通信局 > 電波環境 > 携帯電話等の通信抑止装置(ジャマー等)について

携帯電話等の通信抑止装置(ジャマー等)について

 近年の携帯電話やPHSの急速な普及に伴い、劇場やコンサートホール、映画館において、携帯電話等の呼び出し音
が他の方々に迷惑をかける事例が多く発生していることから、携帯電話等の呼び出し音や通話を抑止する機能を備
える無線設備(携帯電話等の通信機能抑止装置、以下「通信抑止装置」と言う。)を用いて、呼び出し音等による
迷惑防止を図る動きが出ています。また、商店や会社、一般家庭においても、同様の理由やセキュリティ等の対策
として、通信抑止装置の設置を検討される方が増えてきています。

 これら通信抑止装置は「ジャマー」等と称され、一部では「電波法準拠の商品です」、「電波は微弱ですので電
波法等の問題はありません」、「電波法適用外の製品です」など、発射する電波が弱く、あたかも免許は不要であ
るかのように宣伝され販売されていますが、当該装置は携帯電話等の基地局からの電波を、通信抑止装置から発射
する電波でもって抑止する機能であるため、微弱な電波ではシステム的に困難です。

 電波法では、無線局を開設する場合には、微弱な電波を発射する無線機等を除き、総務大臣の免許を受けなけれ
ばなりません(電波法第4条)。

 また、通信抑止装置の無線局免許を受けるためには、使用場所がライブを行うコンサートホール等であること。
また、資格要件を満たす無線従事者を配置すること等、一定の要件を満たすことが必要です。

 なお、これら通信抑止装置を無線局の免許を受けずに設置し、運用した場合には、1年以下の懲役又は100万円以
下の罰金に処せられる場合があります。(電波法110条第1項)

前の画面に戻る←

ページトップへ戻る