宇宙電波監視の概要

 三浦電波監視センターで行っている宇宙電波監視は、人工衛星からの電波を受信し、その電波諸元の測定や衛星の軌道位置の分析などを行い、人工衛星が正しく運用されているかの監視、混信などの原因調査をその任務としています。

 2基の13mパラボラアンテナを中心とする宇宙電波監視に使用される設備、装置を以下に紹介します。

三浦電波監視センター 

宇宙電波監視センタ室

 センタ室では、宇宙電波監視用機器の制御を行います。

宇宙電波監視センター室の写真

L/S/C/Ku/Ka帯設備

 
 衛星からの電波を受信し解析することによって、その電波諸元の測定や衛星の軌道位置の分析などを行うほか静止衛星通信回線への混信発生時には干渉源位置を特定する機能も有しています。

【13mアンテナ(マルチバンド対応)】
13mアンテナ(マルチバンド対応)

VHF/UHF帯設備


 VHF/UHF帯設備は、低域追尾アンテナ装置と高域追尾アンテナ装置の2つによる構成で、受信周波数範囲は60MHz〜2600MHzとなっています。
 静止衛星と非静止衛星の双方を監視対象とし、非静止衛星を追尾するときは対象とする衛星の軌道要素データを解析して追尾します。

【高域追尾用アンテナ装置】
 受信周波数範囲は400MHz〜2600MHz(写真中央)
高域追尾用アンテナ装置の写真

【低域追尾用アンテナ装置】
  受信周波数範囲は60MHz〜450MHz
低域追尾用アンテナ装置の写真

ページトップへ戻る