携帯電話

 携帯電話は初め「自動車電話」という名称で昭和54年12月にスタートしました。装置が重く大きいものであったため、当時は自動車に無線設備を設置していました。
 その後、装置が小型化され、ショルダータイプ、さらにハンディータイプのものが開発され、普及するようになり、平成6年に「携帯電話方式」と言う名称に改められ、電波法上の名称も「携帯・自動車無線電話通信」になり、さらに、電子メール通信の導入、インターネットへの接続等の多機能化に対応し、その名称が、平成12年に「携帯無線通信」と改められました。

  • 1980年代:第1世代の携帯電話(1G)が普及、日本では2000年9月にサービスが終了しています。

  • 1990年代:第2世代の携帯電話(2G)の普及、小型軽量化や低価格化も第2世代で急激に進み、爆発的に普及しました。

  • 2001年 :第3世代の携帯電話(3G)のサービス開始。

  第4世代(4G)移動体通信システムとして、現在3.5GHz帯が割り当てられており、更なるデータ通信速度の高速化が行われる予定です。

    

ページトップへ戻る