総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2017年 > 難聴解消のため四国放送株式会社、南海放送株式会社 及び今治コミュニティ放送株式会社の中継局を整備 ≪「民放ラジオ難聴解消支援事業」補助金の交付を決定≫

報道資料

平成29年11月29日
四国総合通信局

難聴解消のため四国放送株式会社、南海放送株式会社
及び今治コミュニティ放送株式会社の中継局を整備
≪「民放ラジオ難聴解消支援事業」補助金の交付を決定≫

 総務省は、平成29年度当初予算で措置された「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業(※1))」について、平成29年11月28日付けで、全国14団体(22事業)に対して、補助金の交付を決定しました。
 四国管内では、四国放送株式会社(2事業)、南海放送株式会社(1事業)及び今治コミュニティ放送株式会社(3事業)に対して、補助金の交付を決定しました。
表:【交付決定の概要】
団体名
(事業主体)
放送対象
地域等
事業費
(千円)
補助金額
(千円)
事業概要
四国放送株式会社 徳島県
(AM)
156,776 78,388 徳島市、鳴門市、阿南市等の地域におけるAMラジオの難聴解消を目的として、FM補完中継局(※2)を整備。
56,004 37,336 三好市、美馬市等の地域におけるAMラジオの難聴解消を目的として、FM補完中継局(※2)を整備。
南海放送株式会社 愛媛県
(AM)
78,071 52,047 西予市及び大洲市の一部の地域におけるAMラジオの難聴解消を目的として、FM補完中継局(※2)を整備。
今治コミュニティ放送株式会社 愛媛県
今治市
(FM)
33,635 22,422 同市吉海地域におけるFMラジオの難聴解消を目的として中継局を整備。
37,186 24,790 同市玉川地域におけるFMラジオの難聴解消を目的として中継局を整備。
26,759 17,838 同市伯方地域におけるFMラジオの難聴解消を目的として中継局を整備。
※1 無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)
国民生活に密着した情報や災害時における生命・財産の確保に必要な情報の提供を確保するため、ラジオの難聴解消のための中継局の整備等を支援する事業で、その概要は別紙(「民放ラジオ難聴解消支援事業」)PDFのとおりです。
※2 FM補完中継局
AMラジオ放送の難聴対策(地理的・地形的難聴、都市型難聴等)や災害対策のためにFM波を利用してAMラジオの補完的な放送を行う中継局。
【関連報道資料】
「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」に係る提案の公募(平成29年7月10日) http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000167.html

連絡先
四国総合通信局 情報通信部 放送課
担当:石丸課長 若井受信障害対策官
電話:089-936-5037

ページトップへ戻る