総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2018年 > 平成30年度予算「IoTサービス創出支援事業」の委託先候補を決定 ≪高松市でデータを活用した高齢者の見守りを推進≫

報道資料

平成30年6月20日
四国総合通信局

平成30年度予算「IoTサービス創出支援事業」の委託先候補を決定
≪高松市でデータを活用した高齢者の見守りを推進≫

総務省は、平成30年度予算「IoTサービス創出支援事業」に係る提案の公募を3月16日から4月19日まで行いました。
生活に身近な分野で克服すべき課題を特定し、その解決に役立つデータ利活用モデルを構築することを目的とするもので、全国から135件の提案があり、外部有識者による評価を経て、6月15日に14件を委託先候補に決定しました。
四国管内からは、スマートシティたかまつ推進協議会(注)を代表団体とし、高松市、香川高等専門学校、株式会社ミトラ、日本電気株式会社が共同で提案した「地域一体型バーチャルケアによる介護予防推進事業」が委託先候補として決定されました。
本事業は、バイタル情報(呼吸、心拍)、位置情報(徘徊対策)、加速度情報(転倒の有無)を取得できるウェアラブル端末を、ひとり暮らしの高齢者の見守りに活用するものです。取得したデータは高松市が運用しているIoT共通プラットフォーム上の他のデータ(日時、天気等)と重ね合わせて分析し、アクシデントが生じやすい時間帯にアラート(警報)を発信することで、予防的な見守り体制を整備することとしています。
(注)スマートシティたかまつ推進協議会
高松市でデータ利活用による課題解決を目指す「スマートシティたかまつ」の推進団体として平成29年10月に設立。高松市、(株)STNet、四国電力(株)、高松琴平電気鉄道(株)などで構成。総務省の平成29年度予算「データ活活用型スマートシティ推進事業」を活用し、観光、防災分野のデータを収集・提供するIoT共通プラットフォームを平成30年2月から運用中。

1 提案事業名

「地域一体型バーチャルケアによる介護予防推進事業」
 事業概要は別紙PDF

2 提案者

代表団体      スマートシティたかまつ推進協議会
共同提案団体 高松市、香川高等専門学校、株式会社ミトラ、日本電気株式会社

3 実施地域

高松市
【関係報道資料】
IoTサービス創出支援事業(平成30年度予算)に係る委託先候補の決定(平成30年6月15日 総務省発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu02_04000299.html
平成30年度予算 IoTサービス創出支援事業に係る提案の公募(平成30年3月16日 総務省発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000199.html

連絡先
総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
担当:田淵課長補佐、田口主査、加藤官
電話:03-5253-5748
四国総合通信局 情報通信部 情報通信振興課
担当:砂川課長、滝下課長補佐
電話:089-936-5061

ページトップへ戻る