総務省トップ > 組織案内 > 行政評価局 > 関係機関との連携

関係機関との連携

評価・監査セミナー

 行政評価局では、評価・監査機能の一層の充実に資することを目的として、国の行政機関、独立行政法人、特殊法人及び地方公共団体の評価・監査業務に従事する指導的立場にある職員等を対象に、昭和54年度から「評価・監査中央セミナー」を毎年開催しています。

 また、同様のセミナーを地方においても開催してほしいとの参加者の要望を踏まえ、平成2年度に四国行政評価支局において初めて「評価・監査地方セミナー」を開催したのを皮切りに、開催場所を順次拡大し、平成12年度以降はすべての管区行政評価局、四国行政評価支局及び沖縄行政評価事務所において開催しています。

会計検査院との情報交換

 会計検査院は、内閣から独立した立場から、国の収入支出の決算について検査等を行い、国や政府関係機関・独立行政法人等の会計経理を監督し、その適正を期し、かつ、是正を図る機関です。

 これに対し総務省行政評価局は、政府部内にあって、国民本位の効果的・効率的な行政の実現を目指して行政評価等を実施し、関係行政の改善等について必要な勧告等を行う機関です。評価を行う対象についても、会計・経理に限らず、広く行政の制度・施策、組織や運営などに及んでいます。

 このように、会計検査院と総務省行政評価局との間には、国の組織としての位置付け、目的、検査・評価の対象範囲等について基本的な相違があります。しかし、両者とも国や政府関係機関・独立行政法人等の業務について検査・評価を実施するものであること、両者の活動が共に行政の効率性・有効性等の確保を目的とするものであることから、互いの業務の参考とするため、昭和62年度以降、定期的に連絡会を開催しており、総務省行政評価局から行政評価・監視の結果等、会計検査院から決算検査報告等について説明し、情報交換を行うなど、相互の連携を図っています。

財務省との情報交換

 総務省行政評価局と財務省主計局は、互いの業務の参考とするため、総務省行政評価局から行政評価等プログラム、歳出削減、経費の効率化等に関する勧告・改善実績の例等、財務省から予算執行調査等について説明し、情報交換を行うなど、相互の連携を図っています。

ページトップへ戻る