総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > 研究開発・標準化の推進 > 総務省の競争的資金 > 戦略的情報通信研究開発推進事業 > 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 電波有効利用促進型研究開発

戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 電波有効利用促進型研究開発

 電波の有効利用をより一層推進する観点から、新たなニーズに対応した無線技術をタイムリーに実現するとともに、電波利用環境を保護するための技術の研究開発課題に対して研究開発を委託します。

プログラムの概要

 周波数を効率的に利用する技術、周波数の共同利用を促進する技術又は高い周波数への移行を促進する技術としておおむね5年以内に開発すべき技術に関する無線設備の技術基準の策定に向けた研究開発課題を公募します。

先進的電波有効利用型

 電波の有効利用に資する先進的かつ独創的な研究開発課題を公募します。

若手ワイヤレス研究者等育成型

 若手ICT研究者等育成型研究開発に定める若手研究者又は中小企業の要件に該当する研究者が提案する電波の有効利用に資する先進的かつ独創的な研究開発課題を公募します。

「電波有効利用促進型研究開発」採択評価の主なポイント

○新しい電波利用の実現に向けた研究開発か
○以下のいずれかの技術であって、おおむね5年以内に開発される技術として到達目標が明確に設定されているか
 ・周波数を効率的に利用するための技術
 ・周波数の共同利用を促進するための技術
 ・高い周波数への移行を促進するための技術
詳細は、公募に際して配布する「提案要領」をご覧下さい。

ページトップへ戻る