総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「新たな情報通信技術戦略の在り方」(平成26年諮問第22号)に関する情報通信審議会からの第3次中間答申

報道資料

平成29年7月20日

「新たな情報通信技術戦略の在り方」(平成26年諮問第22号)に関する情報通信審議会からの第3次中間答申

 総務省は、本日、「新たな情報通信技術戦略の在り方」(平成26年12月18日諮問第22号)について、情報通信審議会から第3次中間答申を受けました。その概要は以下のとおりです。

1 審議の背景

 情報通信審議会情報通信技術分科会技術戦略委員会(主査:相田仁東京大学大学院工学系研究科教授。以下「本委員会」という。)においては、平成26年12月18日付け諮問第22号「新たな情報通信技術戦略の在り方」を受け、平成28年度からの5年間を目途とし、ICT分野において国や国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)等が取り組むべき重点研究開発分野・課題及び研究開発、成果展開等の推進方策の検討を行い、平成27年7月28日に中間答申(以下、「第1次中間答申」という。)として取りまとめました。
 また、平成27年12月には、今後の経済成長・価値創造に重要な分野である先端的なIoT分野とAI・脳研究分野に関する今後の研究開発・社会実装の推進方策やIoT/ビッグデータ/AI時代における国際標準化戦略や人材育成の推進方策について、平成28年7月7日に第2次中間答申として取りまとめました。
 さらに、IoT/BD/AI時代を迎えた熾烈な国際競争の中で、我が国社会の生産性向上と豊かで安心な生活を実現するため、本委員会では、平成28年12月に検討を再開し、次世代AI技術の社会実装を図るとともに、その駆動力となる超大量データを活用可能なICTデータビリティ(ICTデータ利活用環境整備)を推進するための戦略について、これまで調査・検討が進められてきたところです。
 

2 答申の概要及び本文

 本日受けた第3次中間答申においては、「次世代人工知能社会実装戦略」とAIで価値創出するための「次世代AI×ICTデータビリティ戦略」について提言が行われています。その内容については、別紙1(概要)及び別紙2(本文)のとおりです。

3 今後の予定

 総務省では、本第3次中間答申を受けて、今後の情報通信行政の推進に資する予定です。
 
【関連報道資料】
・「新たな情報通信技術戦略の在り方」の情報通信審議会への諮問(平成26年12月18日)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000113.html
・「新たな情報通信技術戦略の在り方」(平成26年諮問第22号)に関する情報通信審議会からの中間答申(平成27年7月28日)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000136.html
・「新たな情報通信技術戦略の在り方」(平成26年諮問第22号)に関する情報通信審議会からの第2次中間答申(平成28年7月7日)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02tsushin03_03000223.html
連絡先
【「新たな情報通信技術戦略の在り方」(平成26年諮問第22号)について】
連絡先:技術戦略委員会事務局
(総務省情報通信国際戦略局技術政策課)
担当:杉浦統括補佐、田野係長、荒木、林
電話:03-5253-5724(直通)
FAX:03-5253-5732
e-mail:gijutsusenryaku_atmark_ml.soumu.go.jp
「_atmark_」を「@」に置き換えて送信して下さい。

ページトップへ戻る