総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 災害対策用移動電源車の貸与

災害対策用移動電源車の貸与

 地震、洪水、豪雪等の災害発生時において、災害対策用移動電源車を貸与する体制を整備しています。
 地方公共団体や電気通信事業者、放送事業者などからの要請により貸与いたします。

移動電源車の貸与イメージ

移動電源車の貸与イメージ

 災害の発生により、電気通信・放送設備の電力供給が途絶し、情報伝達に係る重要な情報通信ネットワークの維持に支障が生じた場合など、総合通信局から地方公共団体、電気通信事業者、放送事業者などに対して移動電源車を貸与し、必要な電力供給を支援することにより、重要な情報通信ネットワークの維持を図ります。

移動電源車の全国の配備状況

  • 小型移動電源車(5.5kVA)
     北海道、東北、信越、北陸、東海、近畿、四国の各総合通信局に各1台。

  • 中型移動電源車(80〜100kVA:電気主任技術者の選任等が必要です。)
     東海、中国、九州の各総合通信局に各1台。

北陸総合通信局で用意している移動電源車(小型)の主な仕様

  1. 車両(日産エクストレイル:4WD)
    (1) 大きさ  全長約4.7m、全幅約1.8m、全高約1.9m
    (2) 燃料  無鉛レギュラーガソリン
    (3) 乗車定員  2名

         <小型移動電源車>小型移動電源車

  2. 搭載発電機
    (1) 出力  5.5kVA(50Hz/60Hz共用、単相100V)
    (2) 燃料  無鉛レギュラーガソリン(車両燃料タンクと共用)
    (3) 稼働時間  約36時間(1/2負荷時)
    (4) 付属品  出力ケーブル、発電機用保守工具など
     

移動電源車の貸与の基準・貸与手続き等

貸与の基準  災害の発生により、重要な情報通信ネットワークの維持に支障が生じた場合であって、通信又は放送の確保を目的に電気通信設備又は放送設備の災害応急、復旧対策を行う地方公共団体、民間事業者又は国の機関から要請があった場合に貸与します。

 【災害対策用移動電源車の貸与仕様書】 PDF版
貸与手続き  書面による手続きを基本としていますが、緊急に災害対策用移動電源車の借受を必要とする場合であって、借受要請者の真正性が確認できる場合は、緊急的措置として、口頭等により申請の受付、貸付承認を行います。
 (口頭等により申請した場合は、遅滞なく書面による借受申請書を提出してください。)

 【借受申請書】  PDF版PDF   Word版WORD
貸与費用  地方公共団体への貸与は無償です。(発電機で使用するガソリンなどの運用にかかる費用は借受者の負担となります。)
 民間事業者へは、適正な対価によって貸与しますので費用についてはお問い合わせください。   
運用場所までの搬入  貸与要請の受付時に搬入手段について確認させていただきます。
 (当局職員(委託業者を含む。)と借受者との間で調整を行い、搬入者を決定します。)

ページトップへ戻る