衛星放送の概要

衛星放送とは

 衛星放送とは、人工衛星を使って行う放送で、視聴者が各自でアンテナ等の受信設備を設置して個別受信または集合住宅等の屋上にアンテナを設置して共同受信されることを目的としています。

 人工衛星は赤道上空36,000Kmの静止軌道を周回し、各放送事業者から発信された電波を受信し、日本国内に向けて放送しています。ですから山や建物などの影響によるゴースト(画面が二重に見えること。)がほとんどなくなるだけでなく、地上波放送が見づらかった地域でも視聴できるという特長があります。

 また、衛星放送にはBS放送とCS放送の2つの種類があります。


BS(Broadcasting Satellites)放送

 放送衛星を利用した放送で、一般的にBS放送と呼ばれています。BS放送は一般家庭で視聴されることを目的とした放送です。現在運用されている衛星は東経110度に打ち上げられた衛星が使用されています。BS放送は、アナログ放送とデジタル放送があり従来は両方の方式にて放送していましたが、BSアナログハイビジョン放送は2007年で、またBSアナログ放送は2011年7月24日で放送を終了し、現在は、全てBSデジタル放送に移行しました。


CS(Communication Satellites)放送

 通信衛星を利用した放送で、一般的にCS放送と呼ばれています。通信事業を目的とした通信衛星は1989年に放送法が改正となり、一般の家庭でも視聴することが可能となりました。通信事業者を対象としていたため、放送衛星に比べて電波の出力が小さく、BS放送より大きなアンテナを必要としていましたが、現在は小型のアンテナも開発されています。


衛星放送を受信するには

 衛星放送は、放送衛星から直接各家庭に電波が送られています。そのため、衛星放送を受信するには、通常のテレビの他に衛星放送受信専用のBSアンテナ、BSチューナーまたは、BSチューナー内蔵のテレビが必要です。地域によって電波に強弱があるため、BSアンテナはその地域に適したサイズを選択する必要があります。マンションや集合住宅などでは、屋上に共同のBSアンテナを設置すれば共聴ケーブルにより衛星放送を受信することができます。CS放送についてもBS放送と同様なCS放送の受信設備等が必要となります。

 また、衛星放送の一部は有料放送ですので、放送を行っている放送事業者と視聴したい番組等について受信契約をする必要があります。お近くの電気店等に申込書が用意されていますのでお尋ねください。

新たな衛星テレビ放送

新たなチャンネルによるBSデジタルテレビ放送(特別衛星放送)

 BSテレビ放送は、従来、BS1ch,3ch,5ch,7ch,9ch,11ch,13ch,15chを使用して放送していましたが、平成23年から新たなチャンネルが使用可能になりました。
 新チャンネルは、BS19ch及びBSアナログテレビ放送終了後のBS5ch,7ch,11chとなり特別衛星放送が実施されました。
 特別衛星放送は、現在のBS放送と東経110度CS放送とを制度上統合し、一体化したものです。
 特別衛星放送を行う、放送事業者については、平成21年6月17日に、総務省が9者の放送事業者を認定しております。


参考

 総務省報道資料 (平成21年6月10日)「特別衛星放送に係る委託放送業務の認定」

  新チャンネルにおける放送は、平成23年10月に開始されました。
  平成22年10月19日に、BS21ch、BS23chを使用する新たな特別衛星放送を行う放送事業者を認定しております。 

 総務省報道資料 (平成22年10月13日)「特別衛星放送に係る委託放送業務の認定」

  BS21ch、BS23chを使用する衛星放送は、平成24年3月に開始されました。



新たに開始されたBS衛星放送

放送開始時期 番組名等 ジャンル 有料放送 事業者名 物理ch ハイビジョン/標準画質の別
平成23年10月 WOWOW ライブ 総合娯楽 有料 株式会社WOWOW 5 ハイビジョン
WOWOW シネマ 総合娯楽 有料 株式会社WOWOW 5 ハイビジョン
スター・チャンネル 2 映画 有料 株式会社スター・チャンネル 7 ハイビジョン
スター・チャンネル 3 映画等 有料 株式会社スター・チャンネル 7 ハイビジョン
BS アニマックス アニメ 有料 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン 7 ハイビジョン
FOX bs238 総合娯楽 有料 株式会社ビーエスFOX 11 ハイビジョン
BS スカパー ! 総合娯楽 有料 株式会社スカパー・エンターテイメント 11 ハイビジョン
放送大学 大学教育放送   放送大学学園 11 ハイビジョン
グリーンチャンネル 農林水産情報・中央競馬 一部有料 一般財団法人グリーンチャンネル 19 ハイビジョン
J SPORTS 1 スポーツ 有料 株式会社ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 19 ハイビジョン
J SPORTS 2 スポーツ 有料 株式会社ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 19 ハイビジョン
平成24年3月 ディズニー・チャンネル 総合娯楽 有料 ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社 7 標準画質
IMAGICA BS 映画 有料 株式会社IMAGICAティーヴィ 21 ハイビジョン
J SPORTS 3 スポーツ 有料 株式会社ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 21 ハイビジョン
J SPORTS 4 スポーツ 有料 株式会社ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 21 ハイビジョン
釣りビジョン 娯楽・趣味 有料 株式会社釣りビジョン 23 ハイビジョン
BS 日本映画専門チャンネル 映画 有料 日本映画衛星放送株式会社 23 ハイビジョン
Dlife 総合編成   ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社 23 ハイビジョン


BSアナログテレビ放送の終了について

 従来、3つのチャンネルでBSアナログテレビ放送が放送されていました。


 BSアナログテレビ放送 (平成23年7月24日をもって放送終了)

チャンネル 放送事業者 チャンネル呼称 移行するデジタル放送 放送の区分(注)
BSアナログ 5ch WOWOW WOWOW BSデジタル191ch 有料放送
BSアナログ 7ch NHK BS1 BSデジタル101ch 公共放送
BSアナログ 11ch NHK BSプレミアム BSデジタル103ch 公共放送

 これらのBSアナログテレビ放送は、地上アナログテレビ放送と同様、平成23年(2011年)7月24日をもって放送を終了し、BSデジタルテレビ放送へ移行しました。


 引き続きこれらの放送をご覧になるには、BSデジタル放送に対応した受信機器(BSデジタル受信用アンテナ、BSデジタル放送対応テレビなど)が必要になります。

 なお、BSアナログ受信用アンテナについては、そのままデジタル受信用としてお使いいただける場合がありますので、アンテナメーカー等へご確認ください。

  (注)有料放送の視聴には、契約が必要です。

     NHKのテレビ放送を受信可能な受信機器を設置した場合には、NHKと受信契約が必要です。


※参考

 ・ BSアナログ放送の終了に係る関係者連絡会「BSアナログテレビ放送のQ&A」
 ・ Dpaのホームページ 「BSデジタル放送を見るには?」別ウィンドウで開きます



地上デジタルテレビ放送の衛星利用による暫定的な難視聴解消のための放送(衛星セーフティーネット)について

 地上デジタル放送が受信困難なご家庭について、暫定的に衛星を利用した地上デジタルテレビ放送の中継放送を行います。

 この放送を利用するには、一定の要件がありますので、詳細については、以下を参照してください。

 総務省報道資料(平成22年1月29日) 「暫定的難視聴対策事業の利用受付開始−地デジ難視対策衛星放送受付センターにおいて利用受付を開始−」PDF


 

NHK BS放送の再編について(平成23年4月実施)  

 NHKについては、従来、BS1、BS2(いずれも標準放送)、BShi(ハイビジョン放送)の3番組で放送しておりましたが、平成23年4月以降は、新BS1、BSプレミアム(いずれもハイビジョン放送)に再編されました。

 総務省報道資料 (平成22年1月13日)「放送普及基本計画の一部変更案に係る電波監理審議会答申及び意見募集の結果―NHKの衛星放送の見直しについて―」

ページトップへ戻る