総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 電波環境 > 電波利用環境保護周知啓発強化期間

電波利用環境保護周知啓発強化期間

不法電波から暮らしを守れ!

 毎年6月1日から6月10日までを電波利用環境保護周知啓発強化期間と定め、関係各省庁や各種団体と協力し、電波法令の周知啓発と法令違反の未然防止に関する広報活動を行っています。

画像:平成30年度広報ポスター

啓発ポスター画像

電波はあらゆる分野で活躍

 社会経済活動の基盤として、また高度情報社会の進展に伴って、電波の利用分野は増大し、ますます多様化しています。電波はあらゆる分野で利用されていますが、今まで以上にその利用の拡大が進むことが予想されます。

電波は限りある資源です。

 電波は目に見えませんので、無限にあると思われがちですが、実は限りある資源です。大切な電波を効率よく、誰もが安心して利用できるようにするために、電波法などのルールが定められています。

豊かな情報社会を支える電波利用環境

 身近に利用されている電波は、普段は特別意識せず便利に利用している反面、ルールを守って利用しなければ混信・妨害や電波障害を起こし使用不能になるなど、非常にデリケートな性質を持っています。電波利用の拡大・高度化・高密度化が進むにつれて、不法無線局や、各種電子機器からの不要な電波等による障害も増加しており、その被害の程度も増大しております。そのため、より一層の電波障害の無い良好な電波利用環境の維持が強く求められています。

ページトップへ戻る