総務省トップ > 組織案内 > 研究会等 > 情報通信法学研究会 > 情報通信法学研究会 メディア法分科会(令和2年度第1回)開催案内

開催案内

情報通信法学研究会 メディア法分科会(令和2年度第1回)開催案内

日時

令和2年12月24日(木)13時10分〜14時50分

場所

WEB会議

議題(予定)

(1)「デジタルコンテンツの流通と権利の消尽」
  (栗田 構成員発表)

(2)その他

概要

ソフトウェアや電子書籍のダウンロード販売が普及するにつれて、デジタルコンテンツの流通をコントロールする権利を著作者に引き続き認めるべきか、消尽の原則等によりデジタルコンテンツの自由な再販売を認めるべきかが議論されている。ソフトウェアライセンスと電子書籍の「中古販売」について異なる判断を示した欧州司法裁判所の先決裁定とドイツ法の議論を参考にしつつ、著作者、ユーザー及び公共の利益をどのように調整すべきかについて考える。

御発表者の御紹介

栗田 昌裕構成員(名古屋大学大学院法学研究科教授)

(御経歴)
京都大学大学院法学研究科卒、博士(法学)
弁護士、京都大学大学院法学研究科特定助教、龍谷大学部法学部准教授を経て、
現在、名古屋大学大学院法学研究科教授。

(研究実績)
情報法概説(共著)(弘文堂、2019)
ドイツ著作権法における「財産権(Eigentum)」の保障と制限(私法79号(2017)137-144頁)
アーキテクチャによる法の私物化と権利の限界──技術的保護手段は複製の自由を侵害するのか(松尾陽編『アーキテクチャと法』(弘文堂・2017)129-166頁)
 

傍聴の申し込みについて

傍聴を希望される方は、下記の内容を明記の上、令和2年12月17日(木)正午までに、Eメール又はFAXにて、下記連絡先まで事前に申込みをお願いします。期限を超過してお申し込みいただきました場合、傍聴をお断りさせていただく可能性がございます。
なお、Eメールでお申し込みの場合は、件名を「情報通信法学研究会 メディア法分科会(令和2年度第1回)傍聴希望」としてください。
  1. 会議名「情報通信法学研究会 メディア法分科会(令和2年度第1回)(12/24)」
  2. 氏名(フリガナ)
  3. 職業(お勤めの方は勤務先及び役職)
  4. 連絡先(Eメールアドレス、電話番号又はFAX番号)
  • 傍聴はWEB会議システムを用いた音声のみの中継とさせていただきますのでご承知置きください。
  • WEB傍聴の方法につきましては、傍聴希望された方にメールにてご案内を予定しておりますため、Eアドレスを必ず記載してください。
  • WEB会議システムの都合上、傍聴希望者が多数の場合は、傍聴者を制限させていただくことがございますので、予めご了承ください。(傍聴できない方には、締切後にお申し込みいただいた連絡方法(Eメール又はFAX)によりご連絡いたします)
〇 傍聴にあたっての留意事項
 傍聴にあたっては、次の留意事項をお守りください。お守りいただけない場合は、退室していただくことがあります。
  1. 傍聴は、事前にお知らせした方法のみご利用ください。
  2. 静粛に傍聴し、喧噪にわたる行為は行なわないようお願いします。
  3. 会議中の録音は御遠慮ください。
  4. 会議開始5分前までにご準備をお願いいたします。
  5. その他、総務省職員の指示に従うようお願いいたします。

連絡先

情報通信政策研究所 調査研究部
(担当:小林主任研究官、吉田研究官)
TEL:03-5253-5496
FAX:03-5253-5497
E-mail: iicp-chousa/atmark/soumu.go.jp
※迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。

ページトップへ戻る

情報通信法学研究会
サイドナビここから
サイドナビここまで