総務省トップ > 組織案内 > 研究会等 > 情報通信法学研究会 > 情報通信法学研究会 AI分科会(令和3年度第1回)開催案内

開催案内

情報通信法学研究会 AI分科会(令和3年度第1回)開催案内

日時

令和3年6月29日(火)13時10分〜14時50分(目途)

場所

Web会議

議題(予定)

(1)"分人"型社会とAI(仮題) (武田英明 構成員発表)
(2)その他

概要

社会が高度化するにつれ、一人一人の個人の位置付けも複雑化してきている。このことは旧来の"個人(individual)"を基盤とする社会の限界が示唆している。これに対して、いくつかの分野で"分人(dividual)"に基づく新たな人間像、社会像が提案されている。現代の社会では個人は社会での異なる役割に分断されているのが通常である。その意味でこの分人概念はその自然な表現といえる。そこで課題となるが、分人を前提とした時の社会のデザインである。ローレンス・レッシグの人の振る舞いを規制する4つの方法として、法律、規範、市場、アーキテクチャをあげており、その面から分人型社会の成立の可能性を議論する。

発表者紹介

武田英明 構成員 (国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系教授)

(御経歴)
東京大学大学院工学系研究科修了、工学博士。
ノルウェー工科大学、奈良先端科学技術大学院大学を経て現職。
現在、人工知能学会倫理委員会委員長。

(研究業績等)
初音ミク動画の作成コミュニティの分析
IMI共通語彙基盤の開発
農業オントロジーの構築
 

傍聴について

傍聴を希望される方は、下記の内容を明記の上、令和3年6月23日(水)17時までに、Eメールにて、下記連絡先まで事前にお申込みください。期限を超過しての申込みについては、傍聴をお断りさせていただく可能性がございます。

メール件名:情報通信法学研究会 AI分科会(令和3年度第1回)傍聴希望

本文記載事項:
1.会議名 情報通信法学研究会 AI分科会(令和3年度第1回)
2.氏名(フリガナ)
3.職業(お勤めの方は勤務先及び役職、学生の方は学校・学部・学科名)
4.連絡先(Eメールアドレス、電話番号)
5.本会議の開催をお知りになったきっかけ
 
・傍聴はWeb会議システム(Cisco Webex Meetings 又は Skype for Business)を用いた音声のみの中継とさせていただきます。
・傍聴用Web会議へのアクセス方法(URL等)につきましては、傍聴登録された方にメールにてお知らせいたしますので、申込方法はメールのみとさせていただきます。
・傍聴希望者が多数の場合は、傍聴者を制限させていただくことがございますので、予め御了承ください。傍聴できない方には、締切後にメールによりその旨ご連絡いたします。
・事前の傍聴登録をされていない方については、傍聴をお断りさせていただきます。
 

連絡先

総務省 情報通信政策研究所 調査研究部
(担当:小林主任研究官、数永主任研究官、中込官)

TEL:03-5253-5496
E-mail: iicp-chousa/atmark/soumu.go.jp

※迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。

傍聴に当たっての注意事項

傍聴に当たっては次の事項をお守りください。お守りいただけない場合、退室していただく(切断する)ことがあります。
・傍聴は事前にお知らせした方法のみご利用ください。
・Web会議システムの音声はミュートとしていただけますようお願いします。
・会議中の録音は御遠慮ください。
・開催中、Web会議システムの不具合が発生した場合、再接続するなど御自身で御対応ください。総務省に御連絡頂いても対応できません。
・その他、総務省職員の指示に従うようお願いいたします。

ページトップへ戻る

情報通信法学研究会
サイドナビここから
サイドナビここまで