総務省トップ > 組織案内 > 審議会・委員会・会議等 > 地方財政審議会 > 会議資料 > 平成31年度・令和元年度 > 令和元年度地方財政審議会(10月18日)議事要旨

令和元年度地方財政審議会(10月18日)議事要旨

日時

令和元年10月18日(金)10時00分〜11時40分

場所

地方財政審議会室

出席者

(委員)堀場 勇夫(会長)宗田 友子 植木 利幸
野坂 雅一 星野 菜穗子

(説明者)自治税務局固定資産税課 課長補佐 山中 日出男
      自治税務局市町村税課    専門官    稲木 宏光
      自治税務局市町村税課    理事官    吉井 俊弥
      自治税務局都道府県税課 課長補佐 中井 孝一

議題

(1) 令和元年度分国有提供施設等所在市町村助成交付金及び施設等所在市町村調整交付金の交付額の決定について
今回の議題は、国有提供施設等所在市町村助成交付金に関する法律第3項の規定に基づき、令和元年度に交付すべき国有提供施設等所在市町村助成交付金(以下「基地交付金」という。)の交付額を審議するものである。
また、施設等所在市町村調整交付金交付要綱に基づき交付される施設等所在市町村調整交付金(以下「調整交付金」という。)の交付額を参考とすることが基地交付金の交付額の審議に資するため、あわせて聴取するものである。

(2) 令和2年度地方税制改正等に関する地方財政審議会意見について

資料

議題(1)関係
説明資料PDF
参考資料PDF

要旨

I 議題「(1)令和元年度分国有提供施設等所在市町村助成交付金及び施設等所在市町村調整交付金の交付額の決定について」

標記の件について、説明を受け、審議の上、これを了承した。

(主な内容)
○ 令和元年度は3年に一度の予算増額の年であったとのことだが、増額された10億円分はどのように配分されるのか。
→ 基地交付金は、基本的には交付の対象となる資産の価格に応じて配分されるが、その他財政状況等の要素も考慮して配分しており、増額された10億円分についても同様に配分されている。

○ 基地交付金の対象資産のうち工作物にはどのようなものがあるのか。
→ 例えば飛行場であれば滑走路がこれに当たる。その他、水道管、下水道管などが該当する。

○ 調整交付金は、米軍が建設した資産の価格を基礎として配分されるとのことだが、米軍資産の価格はどのように把握しているのか。
→ 米軍資産の価格については、防衛省を通じて米軍から提供されている。

II 議題「(2)令和2年度地方税制改正等に関する地方財政審議会意見
について」

地方財政審議会の意見提出に向けて討議を行った。

ページトップへ戻る

地方財政審議会
サイドナビここから
サイドナビここまで