総務省トップ > 組織案内 > 審議会・委員会・会議等 > 地方財政審議会 > 会議資料 > 平成31年度・令和元年度 > 令和元年度地方財政審議会(2月18日)議事要旨

令和元年度地方財政審議会(2月18日)議事要旨

日時

令和2年2月18日(火)10時00分〜10時30分

場所

地方財政審議会室

出席者

(委員)堀場 勇夫(会長)星野 菜穂子 野坂 雅一
宗田 友子 植木 利幸

(説明者)自治財政局地方債課 課長補佐 南里 明日香
      自治財政局地方債課 課長補佐 能見 駿一郎

議題

(1) 令和元年度地方債同意等予定額の通知等について
今回の議題は、地方公共団体からの協議又は許可申請に対して総務大臣が同意又は許可するに際し、地方財政法第5条の3第11項又は同法第5条の4第7項の規定に基づき、審議するものである。

(2) 令和元年度国の予算等貸付金債に係る同意等について
今回の議題は、地方公共団体からの協議又は許可申請に対して総務大臣が同意又は許可をするに際し、地方財政法第5条の3第11項又は同法第5条の4第7項の規定に基づき、審議するものである。

資料

議題(1)関係
審議資料PDF
議題(2)関係
審議資料PDF

要旨

I 議題「(1)令和元年度地方債同意等予定額の通知等について」

標記の件について、説明を受け、審議の上、これを了承した。

(主な内容)

○ 緊急防災・減災事業債が地方債計画額5,000億円に対して、二次協議までの協議等額が80%程度となっているが、どのように考えるか。
→ 昨年度の二次協議時点と比べれば協議額が増えており、各自治体が防災・減災対策に着実に取り組んでいると考えている。自治体の要望を踏まえ、令和2年度から、対象事業を拡充するところ。来年度は、より一層活用されるものと考える。

II 議題「(2) 令和元年度国の予算等貸付金債に係る同意等について」

標記の件について、説明を受け、審議の上、これを承認した。

(主な内容)

○ 同意等額が地方債計画額を超えている貸付金があるが、地方債計画額はどのように計上しているのか。
→ 地方債計画策定時に、各貸付金に係る各省庁の事業量調査結果や政府関係機関等におけるその時点での貸付見込額を確認した上で計上している。同意等額が地方債計画額を超えている中小企業高度化資金貸付金についても、中小企業庁を通じて中小企業基盤整備機構に貸付見込額を確認しているが、執行段階において貸付先の事業費の変動等に伴い見込額を上回っているものと承知している。

〇 中小企業高度化資金貸付金について今年度特徴的なことはあるか。
→ 平成20年前後に貸付けられた中小企業応援ファンド事業の償還期間到来に伴う借換え・期間延長がここ数年継続していたほか、昨年度は、平成30年7月豪雨に係る被災中小企業向け事業が相応に見られたが、それらと比して、今年度は特徴的な貸付は見られない。

ページトップへ戻る

地方財政審議会
サイドナビここから
サイドナビここまで