総務省トップ > 組織案内 > 審議会・委員会・会議等 > 地方財政審議会 > 会議資料 > 令和3年度 > 令和3年度地方財政審議会(5月28日)議事要旨

令和3年度地方財政審議会(5月28日)議事要旨

日時

令和3年5月28日(金)10時30分〜11時20分

場所

地方財政審議会室

出席者

(委  員) 堀場 勇夫(会長)  宗田 友子  植木 利幸
       野坂 雅一  星野 菜穗子

(説明者) 消防庁国民保護・防災部地域防災室 課長補佐  鈴木 洋平

議題

消防団員の処遇改善について

今回の議題は、消防庁が取り組んでいる消防団員の処遇改善について、消防団をとりまく現状や、昨年12月に立ち上げられた「消防団員の処遇等に関する検討会」の検討内容等も含め、説明を受けるものである。

資料

要旨

標記の件について、説明を受け、質疑応答及び意見交換を行った。

(主な内容)
○ 消防団員の報酬等の適正化が団員確保に繋がっていくと思うので、今回、見直された報酬制度が、しっかりと各市町村で運用されるよう進めていってほしい。
○ 団員確保のためには、団員の負担軽減等、報酬以外の見直しも必要だと思う。なぜ団員が集まらないのか、原因を分析したうえ、必要な団員確保策について、今後の検討会で議論していっていただきたい。
○ 機能別団員を増やしていくというのは、団員確保のために有効な方法だと思う。まだ導入していない市町村もあるようなので、引き続き導入に向けて働きかけていくべき。
 

ページトップへ戻る

地方財政審議会
サイドナビここから
サイドナビここまで