総務省トップ > 組織案内 > 審議会・委員会・会議等 > 地方財政審議会 > 会議資料 > 令和3年度 > 令和3年度地方財政審議会(9月21日)議事要旨

令和3年度地方財政審議会(9月21日)議事要旨

日時

令和3年9月21日(火)10時30分〜11時30分

場所

地方財政審議会室

出席者

(委  員) 堀場 勇夫(会長)  宗田 友子  植木 利幸
       野坂 雅一  星野 菜穂子

(説明者) 自治財政局財務調査課課長補佐  清水 敦

議題

公立大学に係る地方財政措置について

今回の議題は、公立大学に係る地方財政措置について、説明を受けるものである。

資料

要旨

標記の件について、説明を受け、質疑応答及び意見交換を行った。

(主な内容)
○ 公立大学分の交付税措置については、学部毎の学生数などを踏まえて自治体に措置されることになるが、自治体は措置された額を大学に対して同じように予算措置をするのか。
→ 交付税措置を受けた自治体が、実際に公立大学に対してどのように予算措置するかは自治体の判断となる。

○ 地方からの人材流出を防ぐには、公立大学の果たす役割は重要。地域の産業振興のために人材育成する大学の意義は大きい。

○ 一方で、やはり大学として教育をやる以上、産業振興に重きを置きすぎるのも適切ではなく、そこは難しい部分がある。
→ 高等教育としての観点と、自治体が大学に求めるような地域に還元する観点とは必ずしも一致しない場合があるが、どちらも必要であり、バランスが重要だと考えている。

ページトップへ戻る

地方財政審議会
サイドナビここから
サイドナビここまで