総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 令和5年度入札契約適正化法等に基づく実施状況調査の結果 (都道府県及び市区町村における公共工事の施工時期の平準化の進捗・取組状況)

報道資料

令和6年3月29日

令和5年度入札契約適正化法等に基づく実施状況調査の結果 (都道府県及び市区町村における公共工事の施工時期の平準化の進捗・取組状況)

標記調査の結果を別紙のとおり取りまとめましたので発表します。なお、これにつきましては、 総務省及び国土交通省のホームページ等に掲載することとしています。

1.背景

 公共工事の施工時期の平準化は、円滑な施工を確保することに資するものであり、年間を通じた工事量の安定による工事に従事する者の処遇改善や、人材・資材・機材等の効率的な活用促進による建設業者の経営の健全化等に寄与し、ひいては公共工事の品質確保につながるものです。
 このような意義や重要性に鑑み、各地方公共団体における公共工事の施工時期の平準化の取組を促進するため、総務省及び国土交通省は、令和2年度より全ての都道府県及び市区町村における公共工事の施工時期の平準化の進捗・施策の取組状況について公表する「見える化」を実施してまいりました。

2.概要

 このたび、都道府県及び市区町村における公共工事の施工時期の平準化に係る最新の進捗・取組状況について、「令和5年度入札契約適正化法に基づく実施状況調査」等の結果を踏まえて「見える化」して公表します。

◆進捗状況:平準化率
 ※ 定義:4〜6月期の月あたり工事平均稼働件数/年度の月あたり工事平均稼働件数
 ※ 「一般社団法人日本建設情報総合センターコリンズ・テクリスセンター」に登録された工事を基に算出(令和4年度実績)

◆取組状況:「さしすせそ」の取組状況
(さ)工期1年未満の工事における債務負担行為の設定の有無・設定状況
   ゼロ債務負担行為の設定の有無・設定状況
(し)柔軟な工期設定の有無・設定状況
(す)速やかな繰越手続の実施の有無・実施状況
(せ)積算の前倒しの実施の有無
(そ)早期執行のための目標設定・公表の実施の有無
※ 令和5年度入札契約適正化法に基づく実施状況調査に基づき集計

(別紙)
・ 地方公共団体における平準化の状況−平準化率・取組状況の「見える化」−PDF
連絡先
自治行政局行政課
担当:黒川理事官、柳係長
電話:03-5253-5510(直通)

ページトップへ戻る