総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「Web3時代に向けたメタバース等の利活用に関する研究会」の開催

報道資料

令和4年7月13日

「Web3時代に向けたメタバース等の利活用に関する研究会」の開催

総務省は、メタバース等の利活用が急速に進展しつつあることを踏まえ、様々なユースケースを念頭に置きつつ情報通信行政に係る課題を整理することを目的として、「Web3時代に向けたメタバース等の利活用に関する研究会」を開催します。

1 目的

 総務省では、メタバース等の利活用や、Web3の市場が拡大しつつある中、利用者利便の向上、その適切かつ円滑な提供及びイノベーションの創出に向け、ユーザの理解やデジタルインフラ環境などの観点から、様々なユースケースを念頭に置きつつ情報通信行政に係る課題を整理することを目的として、新たに「Web3時代に向けたメタバース等の利活用に関する研究会」を開催します。

2 研究事項

 (1)メタバース等の利活用における利用者利便の向上に関連する事項  
 (2)メタバース等のユースケース毎の利活用における課題整理に関連する事項  
 (3)メタバース等の利活用拡大が、デジタルインフラ、社会経済活動、利用者等へ与える影響  
 (4)(1)から(3)に掲げる事項のほか、新たな時代のメタバース等の利活用に関連する事項

3 構成員

別紙PDFのとおりです。

4 スケジュール等

令和4年8月1日(月)に第1回会合を開催し、以降、順次開催予定です。
開催案内は、総務省ホームページに掲載します。
連絡先
総務省 情報通信政策研究所 調査研究部
担当:金坂調査研究部長、竹内主任研究官、小林主任研究官、横山研究官、中込官
電話:03-5253-5496
E-mail:iicp-chousa/atmark/soumu.go.jp
※迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。

総務省 情報流通行政局 参事官
担当:扇企画官、松岡補佐
電話:03-5253-5481

ページトップへ戻る