総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 電気通信事業法施行規則等の一部を改正する省令案等に対する 意見募集の実施(卸協議の適正性の確保に係る制度整備関係)

報道資料

令和5年1月20日

電気通信事業法施行規則等の一部を改正する省令案等に対する
意見募集の実施(卸協議の適正性の確保に係る制度整備関係)

 総務省は、電気通信事業法施行規則等の一部を改正する省令案等について、令和5年1月21日(土)から同年2月20日(月)までの間、意見募集を行います。

1 背景

 総務省は、電気通信事業を取り巻く環境変化を踏まえ、電気通信サービスの円滑な提供及びその利用者の利益の保護を図るため、第一種又は第二種指定電気通信設備を用いた卸電気通信役務に係る卸先事業者(MVNO等)との協議の適正性の確保のため、特定卸電気通信役務の提供義務及び料金算定方法等の提示義務を課す規定の整備等を行う「電気通信事業法の一部を改正する法律案」を第208回国会に提出しました。可決成立の後、令和4年6月17日(金)に電気通信事業法の一部を改正する法律(令和4年法律第70号。以下「改正法」といいます。)が公布されたところです。
 本件は、改正法等を踏まえ、所要の規定を整備するため、電気通信事業法施行規則(昭和60年郵政省令第25号)等の一部を改正するものです。省令案等の概要は別紙1PDFのとおりです。本改正案について、令和5年1月21日(土)から同年2月20日(月)までの間、意見募集を行います。なお、意見募集対象のうち、情報通信行政・郵政行政審議会への諮問事項については、本日、同審議会へ諮問しました。

2 意見公募要領

(1) 意見募集対象

 <省令案>
  • 電気通信事業法施行規則等の一部を改正する省令案(別紙2PDF:新旧対照表、一部諮問対象外)
 <告示案>
  • 電気通信事業法施行規則第二十五条の七の五第三号の規定に基づく卸電気通信役務を告示する件(別紙3PDF:諮問対象外)
 <ガイドライン改定案>
  • 「MVNOに係る電気通信事業法及び電波法の適用関係に関するガイドライン」改定案(別紙4PDF:諮問対象外)
  • 「NTT東西のFTTHアクセスサービス等の卸電気通信役務に係る電気通信事業法の適用に関するガイドライン」改定案(別紙5PDF:諮問対象外)

(2) 意見提出期間

   令和5年1月21日(土)から同年2月20日(月)まで(必着)

 詳細については、別紙6PDFの意見公募要領を御覧ください。
 なお、本案については、電子政府の総合窓口[e-Gov](https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public)の「パブリックコメント」欄に掲載します。

3 今後の予定

  今後、意見募集結果を踏まえて省令等を制定し、改正法の施行の日(令和5年6月16日)から本省令等を施行する予定です。
  なお、諮問事項については、意見募集の結果を踏まえ、情報通信行政・郵政行政審議会による答申が行われる予定です。
 
【関連リンク】
○新規制定・改正法令・告示 法律
 https://www.soumu.go.jp/menu_hourei/s_houritsu.html
 公布日「令和4年6月17日」
 法律名「電気通信事業法の一部を改正する法律(令和4年法律第70号)」
 
連絡先
総務省総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課
 担当(移動通信分野):前田課長補佐、藤井係長、都筑官
 電話 :03−5253−5845
 担当(固定通信分野):永井課長補佐、園部係長、井上官
 電話 :03−5253−5844
 E-mail :setsuzoku_atmark_ml.soumu.go.jp
 ※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。

ページトップへ戻る