総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「インターネットトラヒック流通効率化検討協議会」の設立

報道資料

令和2年4月10日

「インターネットトラヒック流通効率化検討協議会」の設立

 インターネットコンテンツの円滑な流通を図るため、コンテンツ事業者とネットワーク事業者等の協力体制を構築し、関係者間の定常的な情報共有及び課題検討を行う「インターネットトラヒック流通効率化検討協議会」が設立されることとなりました。

1 経緯

 我が国におけるインターネットトラヒックは、年間2〜4割程度のペースで増加しており、従来コンテンツの高品質化(動画コンテンツの高精細化や大容量のゲームコンテンツの配信拡大等)や、新たなコンテンツ(テレビ放送のネット同時配信等)の普及・拡大等により、トラヒック需要の伸びは継続するものと考えられます。
 こういった状況の中で、今後とも引き続き、インターネットの品質を維持・向上させるためには、コンテンツ事業者とネットワーク事業者といった業界を超えた連携による対処が必要となります。このため、インターネットトラヒックの流通に携わる民間事業者各社が連携し、定常的な情報共有及び課題検討を行う「インターネットトラヒック流通効率化検討協議会」(略称:CONECT)が設立されることとなりました。

 

2 活動内容

(1) 各事業者からみたインターネットの現状と課題の共有
  • インターネットトラヒックの増加について
  • インターネット利用におけるユーザー体感品質の維持・向上について
  • 災害等発生時(今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大など、インターネットトラヒックに大きな影響を及ぼしうる事態も含む)におけるインターネットの事業継続性について
(2) 課題解決に向けた技術的な対応策の検討
(3) その他協議会の目的を達成するために必要な事項

3 略称・ロゴ

活動を促進するため、以下のとおり、略称・ロゴを決定しました。
<略称>
 CONECT
  読みは「コネクト」、COuncil for Network Efficiency by Cross-layer Technical membersの略。

<ロゴ>
ロゴ

4 参加企業・団体等

本協議会の参加企業・団体等は次のとおりです。
なお、参加企業・団体等については、今後追加や変更となる場合がございます。

(企業名・団体名にて五十音順)
アカマイ・テクノロジーズ合同会社
株式会社AbemaTV
株式会社インターネットイニシアティブ
インターネットマルチフィード株式会社
エクイニクス・ジャパン株式会社
NTTコミュニケーションズ株式会社
株式会社NTTドコモ
株式会社NTTぷらら
株式会社オプテージ
グーグル合同会社
KDDI株式会社
株式会社サイバーエージェント
株式会社Jストリーム
株式会社ジュピターテレコム
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソフトバンク株式会社
センチュリーリンク株式会社
東京大学(予定)
西日本電信電話株式会社
ニフティ株式会社
日本インターネットエクスチェンジ株式会社
日本ネットワークイネイブラー株式会社
日本マイクロソフト株式会社
ネットフリックス株式会社
BBIX株式会社
東日本電信電話株式会社
ビッグローブ株式会社
ヤフー株式会社
ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社
連絡先
総合通信基盤局 電気通信事業部 データ通信課
担当:大江課長補佐、水野調査員
電話:03−5253−5853
FAX:03−5253−5855

ページトップへ戻る