総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 令和元年度「Geospatial Hackers Program」の開催≪地理空間情報を活用可能な人材の裾野拡大に向けたハッカソン等の開催≫

報道資料

令和元年12月17日

令和元年度「Geospatial Hackers Program」の開催≪地理空間情報を活用可能な人材の裾野拡大に向けたハッカソン等の開催≫

 総務省では、地理空間情報(G空間情報)を地域課題の解決や地域経済の活性化に活用できる人材の裾野拡大に向けて、本年度、全国4箇所においてハッカソンとそれに先だつハンズオン講習会を開催するとともに、東京において報告会として各地域におけるハッカソンの優秀者による発表及び表彰を行います。

1 目的

 総務省では、G空間情報の利活用を推進しており、その一環として、昨年度、全国3箇所(福井県、兵庫県、山口県)において、各地域の課題等に対してG空間情報を活用した解決を試みるハッカソンとそれに先だつハンズオン講習会を一体的に行う「Geospatial Hackers Program」を開催し、東京で各地域におけるハッカソンの優秀者による発表及び表彰のための報告会を行いました。
 本年度も昨年度に引き続き、さらなる人材育成の裾野拡大を目的として、「Geospatial Hackers Program」を全国4箇所(愛知県、富山県、東京都、沖縄県)において開催し、東京において報告会として各地域におけるハッカソンの優秀者による発表及び表彰を行うことといたしました。

※ハッカソンとは
 エンジニア、デザイナー、プランナーなどがチームを作り、与えられたテーマに対し、それぞれの技術やアイデアを持ち寄り、短期間(1日〜1週間程度)に集中してサービスやシステム、アプリケーションなどを開発し、成果を競う開発イベント。

※ハンズオン講習会とは
 実際に手を動かして体験しながら、ハッカソンに必要な基礎知識、技能等を学ぶ形式の講習会。通常ハッカソンの前に行われる。

<関係報道資料>
○「Geospatial Hackers Program」の開催《地理空間情報を活用可能な人材の裾野拡大に向けたハッカソン等の開催》(平成30年12月26日)
URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000200.html

2 各地域におけるハッカソン等の開催概要

(1) Geospatial Hackers Program 東海
○日時:令和2年2月1日(土)〜2日(日)
○会場:ヤフー株式会社名古屋オフィス
     (愛知県名古屋市中村区名駅1-1ー4 JRセントラルタワーズ50階)

(2) Geospatial Hackers Program 北陸
○日時:令和2年2月8日(土)〜9日(日)
○会場:新川学びの森天神山交流館
     (富山県魚津市天神野新147-1)

(3) Geospatial Hackers Program 関東
○日時:令和2年2月15日(土)〜16日(日)
○会場:ヤフー株式会社 オープンコラボレーションスペース「LODGE」
     (東京都千代田区紀尾井町1-3 17階)

 (4) Geospatial Hackers Program 沖縄
○日時:令和2年2月22日(土)〜23日(日)
○会場:Startup Lab Lagoon
     (沖縄県沖縄市中央1-7-8)

※ 学生/社会人問わずG空間情報の利活用及びプログラミングに興味のある方で、原則として2日間とも参加いただける方の応募を歓迎いたします。
※ 内容としては、いずれの地域も、1日目にハンズオン講習会、2日目にハッカソンを行う予定です。
※ 各地域におけるハッカソン等の日時・場所はいずれも現在の予定です。
 

3 報告会開催概要

各地域におけるハッカソンの優秀者による発表及び表彰等を行います。
G空間情報の利活用や人材育成等に関心のある企業・団体等の参加も歓迎いたします。

○日時:令和2年3月13日(金)
○会場:SENQ霞が関
     (東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル2階)

※ 報告会の日時・場所はいずれも現在の予定です。
 

4 詳しい情報及び参加・傍聴申込み方法

詳しい情報については、以下のサイトにて入手可能となっています。
また、各地域におけるハッカソン等への参加並びに報告会の申し込みについても、以下のサイトにてお願いいたします。
https://ghp.connpass.com/
連絡先
総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
(担当:小林課長補佐、輿石主査、横山官、石井官)
電話:03−5253−5756(直通)
FAX:03−5253−5759

ページトップへ戻る