総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 統計表における機械判読可能なデータの表記方法の統一ルールの策定

報道資料

令和2年12月18日
統計局
政策統括官(統計基準担当)

統計表における機械判読可能なデータの表記方法の統一ルールの策定

総務省では、各府省が政府統計の総合窓口(e-Stat)に掲載する統計表における機械判読可能なデータの表記方法の統一ルールを策定いたしましたので、お知らせいたします。

1 目的

利用者の利便性向上を図るため、各府省がe-Statに登録する機械判読可能な統計表を作成する上で留意すべき事項について取りまとめ、統一ルールとして策定するものです。

2 統一ルールの内容

別紙PDFのとおり。

3 その他

本表記方法に基づく、e-Statへの機械判読可能な統計表の掲載については、令和3年1月以降公表分から、各府省の準備ができ次第、順次対応していくこととしております。
連絡先
(ルールの内容について)
 統計局統計情報システム管理官 澤田、鮒田
 電話:03-5273-1007
 E-mail:stat_saitekika_atmark_soumu.go.jp
(制度について)
 政策統括官(統計基準担当)統計企画管理官室 赤谷
 電話:03-5273-1142
 E-mail:s-soukatsu_atmark_soumu.go.jp
(スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」に換えて表記しています。)

ページトップへ戻る