総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 令和3年経済センサス‐活動調査の実施に際しての総務大臣談話

報道資料

令和3年5月18日

令和3年経済センサス‐活動調査の実施に際しての総務大臣談話

 総務省では、来る6月1日に、経済産業省と共管で、令和3年経済センサス‐活動調査を実施いたします。

 経済センサス‐活動調査は、我が国の全ての事業所・企業を対象に経済活動の状況を把握する、「経済の国勢調査」とも言われる重要な調査です。
 調査の結果は、GDPの推計を始め、中小企業政策、地方創生に資する地域の現状分析など、国や地方公共団体の様々な政策の基礎資料として利用されるほか、新規店舗の出店計画といった企業の経営戦略の参考資料として民間事業者の方々にも広く活用いただいております。特に今回は、新型コロナウイルス感染症の影響下の経済の実態を明らかにするためにも重要な調査となります。

 調査の実施に当たっては、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、大規模企業を中心にインターネット・郵送方式で行うとともに、調査員により行う場合においても、インターネット回答の推進、地域の実情に応じた郵送回収の導入などにより、できる限り非接触となるよう実施いたします。

 皆様には、この経済センサス‐活動調査の趣旨・重要性を御理解いただき、調査への御協力と御回答をお願いいたします。

令和3年5月18日
 総務大臣  武田 良太
連絡先
統計局統計調査部経済統計課経済センサス室
担当:萩原統計専門官、江澤係長
電話:03-5273-1388(直通)
FAX :03-5273-1498
E-mail:e-kouhou@soumu.go.jp

ページトップへ戻る