総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の開講

報道資料

令和3年5月18日

データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の開講

 総務省は、統計リテラシー向上の取組として、将来の経済成長を担う“データサイエンス”力の高い人材育成のため、データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」を本日開講します。
 本講座は、社会人・大学生を対象とした、データ分析の基本的な知識を学べる入門編講座です。
○ データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」を本日開講します。
○ 本講座は、平成27 年3月に開講、平成30 年5月にリニューアルを実施し、これまで延べ約12 万8千人に受講していただきました。
 統計学の基礎やデータの見方のほか、国際比較データを使った分析事例や公的データの入手・利用方法の紹介等、データ分析の基本的な知識を学ぶことができる内容となっています。
○ 本講座紹介用ウェブサイト(https://gacco.org/stat-japan/別ウィンドウで開きます)において、令和3年7月7日(水)まで、どなたでも受講登録が可能(登録料及び受講料無料)ですので、是非御活用ください。
 ※ 本講座は、令和2年5月に実施した講座を再び開講するものです。
連絡先
統計局統計情報利用推進課
 担当:和田課長補佐 山田主査
 電話:03-5273-1023(直通)
 E-mail: y-senryaku_atmark_soumu.go.jp
 (スパムメール防止のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。メールを送る際に「_atmark_」を「@」に直して入力してください。)

ページトップへ戻る