総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > CDMA高速データ携帯無線通信システムの高度化に係る 技術的条件についての関係者からの意見聴取

報道資料

平成21年8月13日
情報通信審議会 情報通信技術分科会
携帯電話等周波数有効利用方策委員会

CDMA高速データ携帯無線通信システムの高度化に係る
技術的条件についての関係者からの意見聴取

 情報通信審議会 情報通信技術分科会では、CDMA高速データ携帯無線通信システム(注)の高度化に係る技術的条件についての検討を行うため、平成21年7月28日から審議を開始し、平成21年12月ごろを目途に答申の取りまとめを行う予定です。
 ついては、平成21年9月18日(金)に開催を予定している、情報通信審議会 情報通信技術分科会 携帯電話等周波数有効利用方策委員会において関係者の意見陳述の機会を設けることとしますので、希望する者は下記の要領により申し出てください。

 (注) 3GPP2(Third Generation Partnership Project 2)において標準規格としている携帯無線通信システム。


1 意見陳述を行える関係者

 CDMA高速データ携帯無線通信システムの高度化に係る技術的条件に関し、学識経験又は知見を有する者(国籍を問わない。)。

2 意見陳述の方法

 意見陳述は、平成21年9月18日(金)に開催予定の情報通信審議会 情報通信技術分科会 携帯電話等周波数有効利用方策委員会において日本語で行うこととします(なお、都合により当日の意見陳述が困難な場合には、文書(日本語に限ります。)による意見の提出も可能とします。)。

3 意見陳述のために必要な手続

 意見陳述を行うためには、意見陳述人の氏名(法人又は団体(以下「法人等」という。)の場合は、法人等の名称及び代表者の氏名並びに意見陳述を行う者の役職及び氏名とする。)、職業(法人等の場合は記載を要しない。)及び意見の要旨を記した文書を郵便、FAX又はE-mailにより平成21年9月3日(木)18時(必着)までに下記4の提出先に提出してください。審議時間の関係から所要の調整をさせていただくことがあります。
 なお、意見陳述を行うために要する費用は、すべて意見陳述人の負担とします。

4 内容の問い合わせ先及び意見の提出先

総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課
 担当:中里課長補佐、遠藤第二技術係長
〒100−8926 東京都千代田区霞が関2−1−2 中央合同庁舎第2号館
電 話(03)−5253−5893
FAX (03)−5253−5946(電話連絡後、送付願います。)
E-mail  enhanced-imt-2000_atmark_ml.soumu.go.jp
     (スパムメール防止のため、@を「_atmark_」と表示しています。メールをお
     送りになる際には、「_atmark_」を@に直してください。)


【関係報道資料】
CDMA高速データ携帯無線通信システムの高度化に係る技術的条件 〜情報通信審議会情報通信技術分科会での審議開始〜 (平成21年7月28日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban14_000027.html

連絡先
総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課
 担当:中里課長補佐、遠藤第二技術係長
〒100−8926
東京都千代田区霞が関2−1−2 中央合同庁舎第2号館
電 話(03)−5253−5893
FAX (03)−5253−5946
E-mail enhanced-imt-2000_atmark_ml.soumu.go.jp
(スパムメール防止のため、@を「_atmark_」と表示しています。メールをお送りになる際には、「_atmark_」を@に直してください。)

ページトップへ戻る