総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 外国人の受入れ対策に関する行政評価・監視−技能実習制度等を中心として− <勧告に対する改善措置状況(2回目のフォローアップ)の概要>

報道資料

平成27年5月7日

外国人の受入れ対策に関する行政評価・監視−技能実習制度等を中心として−
<勧告に対する改善措置状況(2回目のフォローアップ)の概要>

 総務省では、「外国人の受入れ対策に関する行政評価・監視−技能実習制度等を中心として−」の勧告(平成25年4月勧告)に対する改善措置状況について、法務省、外務省、文部科学省、厚生労働省及び経済産業省からの回答を受け(2回目のフォローアップ)、その概要を取りまとめましたので、公表します。
○「外国人の受入れ対策に関する行政評価・監視−技能実習制度等を中心として−」

  平成25年4月19日、法務省、外務省、文部科学省、厚生労働省及び経済産業省に勧告
  勧告に対する改善措置状況(2回目のフォローアップ)の概要は、別添PDF参照

連絡先
総務省行政評価局法務、外務、文部科学等担当評価監視官室
担当:高橋、河野、荒居
電話(直通):03-5253-5450
FAX :03-5253-5457
E-mail:https://www.soumu.go.jp/hyouka/i-hyouka-form.html
※ 結果報告書等は、総務省ホームページに掲載しています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/hyouka_kansi_n/ketsuka_nendo/h25.html

ページトップへ戻る