総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > 第17回政策評価審議会(第22回政策評価制度部会との合同)(令和元年11月19日)

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

第17回政策評価審議会(第22回政策評価制度部会との合同)(令和元年11月19日)

 進藤総務大臣政務官は、令和元年11月19日、「第17回政策評価審議会(第22回政策評価制度部会との合同)」に出席しました。
 会議では、次年度以降に実施する行政評価局調査のテーマや、各府省が行う政策評価の改善方策等について審議を行うとともに、政策評価審議会における今後の審議の充実に資するため、行政を巡る今日的な課題について、外部有識者からのヒアリングを行いました。
 審議会の冒頭、進藤総務大臣政務官は、今後少子化高齢化が進む中で、政策の設計の概念が、人口増加時を前提としている制度が多くあり、地方創生を進めるために、着実に行政の現場の改善につなげることができるよう、審議会での精力的な審議に期待する旨の挨拶を行いました。
 また、外部有識者ヒアリングにおいては、日本植物燃料株式会社合田CEOの講演を受けて、国際協力政策の支援の方向性について意見を交わしました。


 
挨拶をする進藤総務大臣政務官

ページトップへ戻る