総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > アフラック生命保険の多様な働き方を視察(令和元年12月18日)

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

アフラック生命保険の多様な働き方を視察(令和元年12月18日)

 令和元年12月18日(水)、木村総務大臣政務官は令和元年度の「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を受賞した新宿区にあるアフラック生命保険を訪問し、地方勤務社員が遠隔地から研修に参加することを可能にするために導入している分身ロボット「OriHime」や、柔軟かつスピーディーにイノベーションを起こす働き方(アジャイル型の働き方)の拠点「Aflac Agile Base(アフラック アジャイル ベース)」等を視察しました。
 「アフラック Work SMART」と題した同社の働き方の改革について説明を受け、テレワークの活用によって働く場所や時間にとらわれることなく、社員のキャリアの選択肢を広げる取組など、新しい働き方について意見を交わしました。
 


 
分身ロボット「OriHime」視察の様子



 
Aflac Agile Base(アフラック アジャイル ベース)視察の様子



 
視察を終えて記念撮影

ページトップへ戻る