行政相談

行政相談とは

 鳥取行政評価事務所では、国などの行政(注)についての苦情や意見・要望などを受け付け、相談者と関係行政機関の間に立って、公正・中立の立場から必要なあっせんを行い、その解決や実現の促進を図っています。

(注)苦情等を受け付ける範囲は、各府省、独立行政法人、特殊法人及び認可法人(国の出資比率が1/2以上で、国の補助に係る業務を行うものに限る。)の業務や地方公共団体の業務のうち第1号法定受託事務に該当するもの及び国庫補助を受けているものです。

行政相談の仕組み

 総務省の行政相談は、次のとおり、国の行政全般について皆様の苦情や意見・要望を受け付け、公正・中立な立場から関係行政機関に必要なあっせんを行い、その解決や実現の促進を図るとともに、これらを通じて行政の制度及び運営の改善を図るものです。

 行政相談の仕組み等の詳細については、こちらをクリックしてください。

 

行政相談委員

 行政相談委員は、総務大臣から委嘱された民間有識者で、鳥取県内に48人(原則、各市町村に1人以上。全国に約5,000人)が配置されています。
 行政相談委員は、無報酬のボランティアとして、国民の皆様から、国の行政活動全般に関する苦情や相談を受け付け、相談者への助言や関係機関に対する改善の申し入れなどを行っています。


鳥取県内の市町村ごとの行政相談委員のリストはこちらをクリックしてください。PDF

相談受付実績(平成26年度)

鳥取行政評価事務所受付 行政相談委員受付
621件 938件 1,559件

行政相談の事例

行政相談出前教室

 鳥取行政評価事務所では、鳥取県内の小学生、中学生、高校生などを対象に行政相談の改善事例を具体的に紹介しながら、行政相談制度の授業を行う出前教室を開催しています。

○ 行政相談出前教室のご案内PDF

ページトップへ戻る