総務省トップ > 政策 > 一般戦災死没者の追悼 > 戦災に関するビデオ

戦災に関するビデオ

先の大戦において、度重なる空襲などにより、多くの一般市民が犠牲となりました。この痛ましい戦災の記憶、傷跡も歳月の経過とともに風化し、忘れ去られようとしています。空襲を受けた各都市にスポットをあて、戦災の事実を今日の人々に知っていただくため、総務省では、平成21年度までは、旧(社)日本戦災遺族会(平成22年3月31日解散)に委託してビデオを作成し、全国の図書館及び視聴覚ライブラリー等に配布していました。平成22年度から平成25年度までは、企画競争による委託事業としてビデオを作成し、ホームページ上で公開しています。

ビデオ一覧

ぼくがしらべた戦災
空襲があった街・九州

[平成25年度]
23分動画


福岡に住む小学校6年生のだいきちくんは、およそ70年前に起こった鹿児島大空襲の写真を見…
詳細

わたしがしらべた戦災
空襲があった街・長岡

[平成24年度]
22分動画


わたしが住んでいる新潟県長岡市は、信濃川が南北に流れる、豊かな自然に囲まれた街。でも…
詳細

 

ぼくがしらべた戦災
空襲があった街・神戸
神戸空襲ってなんだろう?

[平成23年度]
22分動画


阪神淡路大震災で被災した神戸の様子を、おじいちゃんは…
詳細

わたしがしらべた戦災
空襲があった街 仙台

[平成22年度]
20分動画


あたし”戦争”って遠い外国でやるものだと…
詳細

 

ぼくがしらべた戦災
空襲があった街 浜松

[平成21年度]
18分動画


みんなは60年以上前に日本全国が“空襲”に…
詳細

ページトップへ戻る