総務省トップ > 政策 > 国の行政制度・運営 > 公共サービス改革(市場化テスト)とは

公共サービス改革(市場化テスト)とは

トピックス

趣旨・目的

 官民競争入札・民間競争入札(いわゆる市場化テスト)を活用し、公共サービスの実施について、民間事業者の創意工夫を活用することにより、国民のため、より良質かつ低廉な公共サービスを実現

※ 「官民競争入札」は、公共サービスについて、「官」と「民」が対等な立場で競争入札に参加し、質・価格の観点から総合的に最も優れた者が、そのサービスの提供を担う仕組み

ポイント

1.法令の特例

  • 法令の特例を設けることで、従来は民間委託ができなかった業務についても官民競争入札等の実施が可能に

2.対象事業の選定

  • 公共サービス改革基本方針の改定を通じ、官民競争入札等の対象事業を定める

3.実施要項

  • 入札の実施について定める「実施要項」を各府省等が作成し、監理委員会の議を経る
  • 実施要項には、確保すべきサービスの質、落札者評価基準、従来の実施状況の開示を定める

4.民間事業者の適切かつ確実な実施の確保

  • 守秘義務やみなし公務員規定を適用
  • 民間事業者の監督のための規定(報告徴収、立入検査、必要な措置の指示等)を整備

5.事業の評価

  • 事業の必要性、効率性、有効性、妥当性等の観点から評価を行い、その結果を公表
  • 評価の結果を踏まえて事業の実施の在り方を見直し、必要に応じて基本方針を変更

官民競争入札等監理委員会

ページトップへ戻る