電気通信番号の利用・指定

電気通信番号関係の制度改正(平成30年法律第24号に伴う制度改正)

電気通信事業法の改正(平成30年法律第24号)に伴い、2019年5月22日(予定)から、電気通信番号関係制度が変わります。

平成30年5月23日に公布された「電気通信事業法及び国立研究開発法人情報通信研究機構法の一部を改正する法律(平成30年法律第24号)」の施行に伴い、電気通信番号に関する制度改正が行われます。
この制度改正により、電気通信番号を使用して電気通信役務を提供する電気通信事業者は、電気通信番号使用計画を作成するなどの手続きが新たに必要となります。また、従来制度の対象であった電気通信番号の指定を受ける電気通信事業者だけでなく、卸電気通信役務の提供を受けて電気通信番号を使用する電気通信事業者や、固定電話番号を使用した転送電話サービスを提供している電気通信事業者も制度の対象になります。
 
制度改正に関する関連資料は次のとおりです。
 
2019年5月14日(火)に電気通信事業者向けの説明会を実施予定です。詳細については改めてお知らせいたします。

なお、今後も関連情報を本ページに随時掲載予定です。

ページトップへ戻る