変更申請について

コールサインが書かれている無線局免許状の変更手続きです。

変更申請を行う必要がある場合の例は以下のとおりです。

  1. 引越しや住居表示の変更等により免許人住所が変わった。(電波利用料等の通知は免許人住所に行いますので、引越し等をされた場合は速やかに手続きをお願いします)
  2. 無線設備の設置場所(移動しない局)、常置場所(移動する局)を変更したい。
  3. 氏名が変わった。
  4. 無線機の増設、取替、撤去、付属装置の追加などをしたい。発射可能な周波数や電力を変更したい。

直接、総合通信局に変更手続きを行える場合について

以下のような場合等は、直接、総合通信局に申請手続きを行うことができます。

  1. 技術基準適合証明設備のみで行う設備の変更(移動しない局の設置場所変更を除く)
  2. 免許人住所・常置場所の変更(移動しない局の設置場所変更を除く)
  3. 氏名の変更 (写真の貼ってある従事者免許証の訂正別ウィンドウで開きますの手続きを先に行い、新しい従事者免許証がお手元に届いてから行ってください)

書面による手続きの方法

書類による申請の場合の提出書類は、変更申請書、無線局事項書及び工事設計書(PDF形式:297KB) PDFです。
必要な項目を記入し、82円切手(定型内の場合)を貼った返信用封筒を同封の上、直接関東総合通信局へ提出してください。

電子申請による手続きの方法

電子申請の場合は、次のページから手続きできます。
総務省 電波利用電子申請・届出システムLite別ウィンドウで開きます

申請内容・IDにはすべて新しい住所を入力してください。

窓口受領の場合を除き、返信用封筒を別送していただく必要があります。
82円切手(定型内の場合)を貼って住所・氏名、申請の種別・電子申請番号を記入した返信用の封筒を審査終了となりましたら提出してください。
なお、処理が完了した旨の通知は、システムからは発信されません。

保証を受けた上で申請する必要がある場合について

 以下のような場合等は、保証を受けた上で変更の手続きを行っていただく必要があります。

  1. 技術基準適合証明設備以外の設備を含む設備変更の場合
  2. 技術基準適合証明設備に付属装置の取り付けや出力の低減改造等を行い、技術基準適合証明の効力を失った場合
  3. 移動しない局の設置場所を変更する場合(技術基準適合証明設備のみを使用する場合も含む)

 保証を受ける方法については、以下の保証事業者にお問い合わせください。

  1. JARD(一般財団法人日本アマチュア無線振興協会) 保証事業センター別ウィンドウで開きます
    電話:03-3910-7263
  2. TSS株式会社 保証事業部別ウィンドウで開きます
    電話:03-6803-0322

社団局の理事・構成員の変更、定款の変更、代表者や名称の変更について

 社団局の理事・構成員の変更、定款の変更については、以下の書面による手続きを行ってください。

アマチュア局(社団)の理事/構成員変更届
WORD形式:52.5KBWORD PDF形式:99.3KBPDF
アマチュア局(社団)の定款変更届
WORD形式:34.5KBWORD PDF形式:88.5KBPDF

 社団局の名称や代表者を変更する場合は、氏名変更の手続き同様に変更申請を行ってください。この際、以下の書類の提出が必要です。

 (社団局の名称変更の場合)
  1.  新しい定款
 (社団局の代表者変更の場合)
  1.  旧代表者から新代表者に代表権を移譲する旨を記載した書類。旧代表者の押印が必要
  2.  新しい定款
  3.  構成員名簿

旧免許状の返納について

 新免許状が届きましたら(変更前の)旧免許状は返納してください。

申請書類の入手方法について

 申請用紙は、以下のページからダウンロード・印刷するか、アマチュア無線機販売店又は日本アマチュア無線連盟(電話:03-3988-8752)で販売しているものを購入するか、以下のものをダウンロード・印刷してご使用ください。

封筒・書類の宛先

〒102-8795
東京都千代田区九段南1-2-1(九段第3合同庁舎)
関東総合通信局 無線通信部陸上第三課 アマチュア局変更担当 行

申請書類は信書のため、メール便(ゆうメール、クロネコメール便、飛脚メール便など)は使用できません(郵便法違反となります)。

電子申請の場合は、窓口受領の場合を除き、返信用封筒を別送していただく必要があります。審査終了後に、82円切手(定型内の場合)を貼った、住所・氏名、申請の種別・電子申請番号を記入した返信用の封筒を提出してください。

ページトップへ戻る