総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東北総合通信局 > アマチュア無線局の各種申請手続きについて

アマチュア無線局の各種申請手続きについて

★無線局免許状の受け取りに関するお願い★

・無線局免許状の郵送を希望するときは、郵便番号・住所・氏名を記載し切手を貼付した返信用封筒を忘れずに申請書に添付して下さい。電子申請で手続きを行った場合は、他に「問い合わせ番号」も記載して下さい。
 なお、電子申請で免許状受取方法として、送料受取人払いによる受取を選択した場合は返信用封筒の郵送は不要です。
・東北総合通信局に来局して直接受け取る場合は、免許状準備のため、ご面倒でもあらかじめ電話連絡をお願いします。なお、受け取りの際は正当な受取人であることを確認するため、氏名等を証明する書類(運転免許証等)のご持参をお願いします。
 東北総合通信局陸上課 アマチュア局担当 TEL:022-221-0688 FAX:022-221-0607
  〒980-8795 宮城県仙台市青葉区本町3-2-23 仙台第2合同庁舎内
●アマチュア無線局に関するお問い合わせは、
東北総合通信局 無線通信部 陸上課 アマチュア局担当 022-221-0688まで
●アマチュア無線局の開局(免許)・再免許・変更・廃止に当たってはすべて手続き(電子申請または書面申請)が必要です。
 電子申請は手数料がお得です!
   <例>再免許の場合;電子申請1,950円(書面申請だと3,050円)
   詳しくは⇒電波利用に係る電子申請・届出システム 電波利用に係る電子申請・届出システムライト
書面申請の場合の申請用紙はこちらからダウンロード出来ますのでご利用下さい。
 なお、ダウンロードが出来ない場合はお近くのハムショップか次の所で通信販売(有料)を行っていますので直接お問い合わせ下さい。
 一般社団法人日本アマチュア無線連盟 広報課販売係 TEL 03-3988-8752
 一般財団法人情報通信振興会 本部 TEL 03-3940-3951

東北総合通信局管内のアマチュア局コールサイン付与状況

個人局 社団局
JP7PPD JE7ZCY
(平成28年6月30日現在)

もくじ

開局(免許)申請について

■空中線電力が200W以下の場合/■空中線電力が200Wを超える場合/■旧コールサインの再指定希望について

再免許申請について(免許の有効期限を更新する手続き)

■提出期限について/■提出期限を過ぎた場合/■再免許申請時の変更申請について/■免許状の返納について

変更申請について

■申請が必要な変更内容/■保証が必要な変更内容/■東北総合通信局へ直接申請する変更内容/■変更申請と再免許申請の同時提出について

無線局廃止届について

申請手数料について

■各種申請手数料について

アマチュア無線局用申請書のダウンロード

社団のアマチュア無線局用構成員変更届等のダウンロード

無線従事者免許証の再交付・訂正について

電波利用料の納付について

関連リンク

開局(免許)申請について

■空中線電力が200W以下の場合
・申請する無線機のすべてが、技術基準適合証明機種(以下、技適機種と表記します。無線機にK、02K、002Kで始まる記号と数字が書かれたラベルが貼ってあります。)の場合は、直接、東北総合通信局に申請してください。
・複数台の無線機で申請する場合、その中の1台でも技適機種でない無線機(JARL登録機種、海外製無線機、自作機)が含まれる場合は、無線設備の保証が必要となりますので「保証願」「無線局免許申請書」及び「無線局事項書及び工事設計書」等を保証実施者(※)に提出してください。
※ TSS株式会社保証事業部  TEL 03-6803-0322
           又は
  一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD) TEL 03-3910-7263
 なお、技適機種に附属装置(RTTY・パケット・SSTV等)やブースタ(リニアアンプ)を接続して無線局免許申請を行う場合は技術基準適合証明の効力が無くなるため、無線設備の保証が必要となります。
■空中線電力が200Wを超える場合
 「無線局免許申請書」及び「無線局事項書及び工事設計書」等を直接、東北総合通信局へ提出してください。
■旧コールサインの再指定希望について
 再開局の場合、過去に指定されていたコールサイン(以下、旧コールサイン)を希望すれば、旧コールサインの指定が可能な場合があります。
 旧コールサインを希望される場合は、「無線局事項書」の「15 備考」欄に、 「旧コールサイン希望 J○7○○○」と朱書きしてください。
 なお、有効期間満了後6ヶ月を経過した場合は、旧コールサインを証明できる次のいずれかの書類の添付が必要です。
【証明書類】
  • 旧コールサインが記載された、無線局免許状またはそのコピー
  • 旧コールサインが記載された「無線局事項書及び工事設計書」で、地方総合通信局(旧組織名でも可)の証明印が押してある書類またはそのコピー
  • 旧コールサインが掲載された「局名録」のコピー
  • 日本アマチュア無線連盟(以下、JARL)が発行する「旧コールサイン確認書」

↑戻る

再免許申請について(免許の有効期限を更新する手続き)

■提出期限について
 提出期限は無線局免許状に記載された「有効期間」満了の1年前から1ヶ月前までです。(郵送の場合は、当日消印有効。)
【例】 免許の有効期間が「平成26年11月19日の場合→提出期限:平成25年11月20日から平成26年10月19日の間
■提出期限を過ぎた場合
 新たに開局(免許)申請が必要になります。旧コールサインの割り当てが可能な場合もあります。
 申請の方法については、「開局(免許)申請について」をご覧下さい。
 なお、再免許の提出期限が過ぎても免許の有効期限内であれば、簡易な免許手続き(落成検査不要・保証不要)により開設申請が可能な場合があります。詳しくは、上記のアマチュア局担当までお問い合わせください。
■再免許申請時の変更申請について
 再免許申請においては、変更申請を同時に行うことはできません。変更申請は再免許後に行ってください。
 ただし、住所のみの変更に限り再免許申請の提出期限が間近である場合には、再免許申請書と併せて住所変更のための変更申請書の同時提出(両方の申請書を同封)が可能です。
■免許状の返納について
 再免許申請処理が終了すると新たな免許状を交付します。免許の有効期限が満了した旧免許状は当局まで返納してください。

↑戻る

変更申請について

■申請が必要な変更内容
 氏名、住所、常置場所など無線局免許状に記載されている内容に変更が生じた場合や、無線設備を変更しようとする場合などは、その都度、変更申請の手続きが必要となります。(氏名変更の場合には、事前に無線従事者免許証の訂正が必要となります。)
■保証が必要な変更内容(空中線電力が200W以下の無線設備)
・技適機種でない無線機(JARL登録機種、外国製無線機、自作機等)の増設・買替えを行う場合
・技適機種であっても同時に附属装置(RTTY・パケット・SSTV等)やブースタ(リニアアンプ)を接続しての増設・買替えを行う場合
・固定する局の無線設備の設備場所(移動する局から固定する局への変更も含む)
これらの変更の場合は無線設備の保証が必要となりますので「保証願」「変更申請書」及び「無線局事項書及び工事設計書」等を保証実施者(※)に提出して下さい。
※ TSS株式会社保証事業部  TEL 03-6803-0322
           又は
  一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD) TEL 03-3910-7263
■東北総合通信局へ直接申請する変更内容(保証が不要)
・すでに許可を受けている無線機に附属装置(RTTY・パケット・SSTV等)を追加する場合
・技適機種の増設・買替えの場合(※)
 ※同一の変更申請で附属装置(RTTY・パケット・SSTV等)を追加する場合は保証が必要となります。
・空中線電力200Wを超える無線設備等の変更申請。この場合、変更内容によっては「変更検査」の受検が必要となる場合があります。
■変更申請と再免許申請の同時提出について
 変更申請と再免許申請を兼ねることはできません。変更申請は再免許後に行って下さい。
 ただし、再免許申請書の提出期限が間近である場合には、住所のみの変更に限り再免許申請書と併せて住所変更のための変更申請書の同時提出(両方の申請書を同封)が可能です。

↑戻る

無線局廃止届について

 免許の有効期限が1年以上残っている場合で、何らかの事情により、それ以降、アマチュア無線局の運用を停止しようとする時は「無線局廃止届」を提出すれば、それ以降の電波利用料は徴収されません。
 なお、再度、アマチュア無線局の運用を行うためには改めて無線局免許申請手続きを行う必要があります。

↑戻る

申請手数料について

 現行の手数料額は次のとおりです。  (平成20年4月1日施行)

区分 開局(免許)申請 再免許申請 免許状
再交付申請
無線従事者免許証
再交付申請
50W以下 50W超 1局 1枚 1枚
書面申請 4,300円 8,100円 3,050円 1,300円 2,200円
電子申請 2,900円 5,500円 1,950円 1,150円

※1 変更申請についての申請手数料は不要です。
※2 変更検査を要する場合は別途、検査手数料が必要になります。

↑戻る

アマチュア無線局用申請書のダウンロード

1 【開設】 無線局免許申請書等(申請書の鑑、無線局事項書及び工事設計書一式) (PDF:187KB)PDF
2 【開設】 無線局免許申請書(鑑) (Word:33KB)WORD
3 【開設】 無線局事項書及び工事設計書 (Excel:52KB)Excel
4 【開設】 無線局事項書及び工事設計書の記載要領 (PDF:621KB)PDF
5 【継続】 無線局再免許申請 (PDF:118KB)PDF  (Word:39KB)WORD
6 【変更】 無線設備等の変更申請(届)書(申請書の鑑、無線局事項書及び工事設計書一式) (PDF:215KB)PDF  (Excel:58KB)Excel
7 【変更】 無線局事項書及び工事設計書の記載要領 (PDF:201KB)PDF
8 【廃止・新設】 無線局免許申請書等(一式) (PDF:952KB)PDF
9 【再発行】 無線局免許状再交付申請書 (PDF:98KB)PDF  (Word:30KB)WORD
10 【廃止】 無線局廃止届 (PDF:123KB)PDF (Word:32KB)WORD
11 【死亡廃止】 無線局廃止届(死亡) (PDF:202KB)PDF (Word:28KB)WORD

↑戻る

社団のアマチュア無線局用構成員変更届等のダウンロード

12 【社団】 理事・無線従事者選(解)任届 変更届 (PDF:117KB)PDF  (Word:50KB)WORD
13 【社団】 定款変更届 (PDF:135KB)PDF (Word:34KB)WORD
  • 提出部数は1部です。用紙はA4サイズです。
  • 平成19年8月1日から一部様式が改正されています。
  • 書類の宛先
    〒980-8795 宮城県仙台市青葉区本町3-2-23 仙台第2合同庁舎内
     東北総合通信局 無線通信部陸上課アマチュア担当 行
  • 「廃止届」以外の申請は免許状返送用の封筒を一緒に提出してください。
     (封筒には、必ず返信先の住所及び氏名を記入し、所定の切手を貼付してください。)

↑戻る

無線従事者免許証について

 再免許申請にあたり、無線従事者免許証を紛失した場合(再交付申請)や氏名を変更した場合(訂正申請)は、再免許申請前に手続きを終えておく必要があります。
 なお、無線従事者に関する問合せは、東北総合通信局 航空海上課 022-221-0666まで。

↑戻る

電波利用料の納付について

 電波利用料は、免許を取得している皆様に、より円滑に電波を利用していただくために、無線局全体のための公共的な行政経費を負担していただく制度です。アマチュア無線局を開設した方々も年間300円の電波利用料を納付していただく必要があります。(電波法第103条の2)
 なお、電波利用料に関する問合せは、東北総合通信局 財務課 022-221-0616 又は 022-221-0663まで。

↑戻る

関連リンク

公益財団法人日本無線協会 :国家試験関係別ウィンドウで開きます

一般財団法人日本アマチュア無線振興協会 :養成課程講習会別ウィンドウで開きます

一般社団法人日本アマチュア無線連盟 :各種申請書類の販売別ウィンドウで開きます

<保証実施者>

TSS株式会社 :保証関係・各種申請手続の概要別ウィンドウで開きます

一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD):保証関係・各種申請手続の概要別ウィンドウで開きます

ページトップへ戻る