統計基準・統計分類

分類に関する統計基準等

  現在、分類に関する統計基準として、日本標準産業分類日本標準職業分類疾病、傷害及び死因分類別ウィンドウで開きます(厚生労働省サイト)を設定しています。
  疾病、傷害及び死因分類の改正(平成28年1月施行、平成27年2月13日官報告示)(PDF:29,500KB)
  【分割版: その1(PDF:9,175KB) その2(PDF:10,591KB) その3(PDF:9,741KB)

  なお、統計法上の統計基準ではありませんが、統計作成に係る技術的な基準として、日本標準商品分類があります。
  また、同じく統計基準ではありませんが、多くの統計で用いられている分類として、「従業上の地位」に関する区分があります。

経済指標に関する統計基準

  経済指標とは、企業や世帯などの経済活動の状況を数値化した各種経済指数などのことです。こうした経済指標の作成に当たっては、 各指数系列相互の比較可能性の確保等のため、経済指標に関する統計基準として指数の基準時に関する統計基準(PDF:69KB)及び季節調整法の適用に当たっての統計基準(PDF:148KB)を設定しています。

統計に用いる標準地域コード

  統計法に基づく統計基準として設定されていませんが、統計に用いる標準地域コードは、都道府県及び市町村の区域を示す統計情報の表章及び当該情報の相互利用のための基準として定められています。

ページトップへ戻る