統計基準・統計分類

分類に関する統計基準等

現在、分類に関する統計基準として、日本標準産業分類日本標準職業分類疾病、傷害及び死因分類別ウィンドウで開きます(厚生労働省サイト)を設定しています。
  疾病、傷害及び死因分類の改正(平成28年1月施行、平成27年2月13日官報告示)(PDF:29,500KB)
  【分割版: その1(PDF:9,175KB) その2(PDF:10,591KB) その3(PDF:9,741KB)

  なお、統計法上の統計基準ではありませんが、統計作成に係る技術的な基準として、日本標準商品分類があります。
  また、同じく統計基準ではありませんが、多くの統計で用いられている分類として、「従業上の地位」に関する区分があります。

 

※「事業内容の分類に関する調査」を現在実施しております。

■調査目的
 この度、総務省では、正確に経済活動を捉えるような統計調査の仕組みを検討する一環として「事業内容の分類に関する調査」を実施することとなりました。
 本調査は、学術研究機関、専門資格事務所や経営コンサルタント業を対象とし、貴社及び貴団体が産み出す製品やサービスなどの売上収入の内訳について、どのように把握しているのかお知らせいただくことで、国内の経済活動をより精緻に把握できるようような調査項目の検討に活用させていただく予定でおります。つきましては、本調査の趣旨・重要性をご理解の上、何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 調査の対象となられた企業・団体に対して、郵送で調査票を配布させていただいております。ご回答頂いた調査票につきましては、返信用封筒に封入し、平成28年12月16日(金)までに郵便ポストへ投函していただきますよう、お願いいたします。
 本調査でご協力いただいた内容につきましては、本調査以外の目的には一切使用することはございません。
 なお、本調査は、株式会社サーベイリサーチセンターに委託して実施しております。

■調査に関するお問合せ先
 東京都千代田区内神田2-15-9 内神田282 ビル6階
 株式会社サーベイリサーチセンター(平尾、福永)
 フリーダイヤル:0120-937-728
  受付時間:9〜18時(平日)

 

経済指標に関する統計基準

  経済指標とは、企業や世帯などの経済活動の状況を数値化した各種経済指数などのことです。こうした経済指標の作成に当たっては、 各指数系列相互の比較可能性の確保等のため、経済指標に関する統計基準として指数の基準時に関する統計基準(PDF:69KB)及び季節調整法の適用に当たっての統計基準(PDF:148KB)を設定しています。

統計に用いる標準地域コード

  統計法に基づく統計基準として設定されていませんが、統計に用いる標準地域コードは、都道府県及び市町村の区域を示す統計情報の表章及び当該情報の相互利用のための基準として定められています。

ページトップへ戻る