たばこ税

 地方財源を確保する手段の一つに、地方のたばこ税が挙げられます。たばこは、財源確保に貢献する財政物資としての基本的性格を有することから、課税されてきました。

 地方のたばこ税は、製造たばこ(葉たばこを加工したもの)の製造などをする方が、製造たばこを消費者へ販売する業者に売り渡す場合などにおいて、その製造たばこに対して課する税をいいます。その販売業者の営業所がある市町村及び道府県が課税するもので、市町村たばこ税と道府県たばこ税があります。

 1,000本あたりで一定の税率が定められていて、現在段階的に税率が引き上げられています。なお、小売たばこの販売価格にはすでに税額が含まれていますので、実際に税金を負担しているのは消費者となります。

ページトップへ戻る