総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地方税制度

地方税制度

トピックス

 教育、福祉、消防・救急、ゴミ処理といった、私たちの生活に身近な行政サービスの多くは、市区町村や都道府県によって提供されています。地方税はこうしたサービスを賄うための財源であり、その地域に住む住民などが広く共同して負担しあうもの(地域社会の会費)であり、都道府県や市区町村がそれぞれ条例に基づいて課税しています。  この地方税は、道府県が課す道府県税と、市町村が課す市町村税に区分されます。そして、その税の使途から普通税(税の使途が特定されていないもの)と目的税(税の使途が特定されているもの)に区分されます。
 現行の地方税体系は以下のとおりです。

現行の地方税の体系図、道府県税、市町村税の順で列挙します。道府県税の中で普通税に区分される税:道府県民税、事業税、地方消費税、不動産取得税、道府県たばこ税、ゴルフ場利用税、自動車取得税、軽油引取税、自動車税、鉱区税、道府県法定外普通税、固定資産税(特例分)。道府県税の中で目的税に区分される税:狩猟税、水利地益税、道府県法定外目的税(特例分)。市町村税の中で普通税に区分される税:市町村民税、固定資産税、軽自動車税、市町村たばこ税、鉱産税、特別土地保有税、市町村法定外普通税。市町村税の中で目的税に区分される税:入湯税、事業所税、都市計画税、水利地益税、共同施設税、宅地開発税、市町村法定外目的税。※1 普通税のうち、地方税法により税目が法定されているものを法定普通税といい、それ以外のもので地方団体が一定の手続、要件に従い課するものを法定外普通税といいます。2 目的税のうち、地方税法により税目がほ法定されているものを法定目的税といい、それ以外のもので地方団体が一定の手続、要件に従い課するものを法定外目的税といいます。
自治税務局のサイトへ

関連リンク

ページトップへ戻る