総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 令和3年度「無線システム普及支援事業費等補助金」(電波遮へい対策事業のうち医療施設を対象とするもの)の交付決定(第二次)

報道資料

令和3年12月10日

令和3年度「無線システム普及支援事業費等補助金」(電波遮へい対策事業のうち医療施設を対象とするもの)の交付決定(第二次)

 総務省は、本日、無線システム普及支援事業のうち、医療施設を対象とした携帯電話の電波遮へい対策について、公益社団法人 移動通信基盤整備協会への補助金交付を決定しました。

補助金の交付先

1 公益社団法人 移動通信基盤整備協会

2 事業概要

対象施設 総事業費
(千円)
補助金額
(千円)
サービス提供予定事業者
伊勢崎市民病院 98,763 32,921 (株)NTTドコモ
KDDI(株)
ソフトバンク(株)
国民健康保険小松市民病院 83,394 27,798
(株)NTTドコモ
KDDI(株)
ソフトバンク(株)
楽天モバイル(株)
公立福生病院 64,040 21,346
市立福知山市民病院 96,623 32,207
国立病院機構高知病院 68,081 22,693
〇無線システム普及支援事業(電波遮へい対策事業)の概要
道路トンネル、鉄道トンネル及び医療施設(※)の電波が遮へいされる場所において、移動通信用中継施設の整備を行う一般社団法人等に対して、国がその設置費用の一部を補助します。
1 事業主体:一般社団法人等
2 対象地域:道路トンネル、鉄道トンネル、医療施設
3 補助対象:移動通信用中継施設(鉄塔、局舎、アンテナ、光ケーブル等)
4 補助率:道路トンネルの場合 1/2 、鉄道トンネル及び医療施設の場合 1/3

(※)支援対象となる医療施設は、基幹災害拠点病院及び地域災害拠点病院(ただし、病床数300床以上であり、かつその二次医療圏が「地方都市」又は「過疎地域」である場合に限る。)としています。

【関連報道資料】
令和3年度「無線システム普及支援事業費等補助金」(電波遮へい対策事業のうち医療施設を対象とするもの)に係る提案の公募(第二次)(令和3年9月30日発表)
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban16_02000266.html
 
連絡先
総合通信基盤局電波部電波環境課
担当:生体電磁環境係
TEL:(直通)03-5253-5905
E-mail(注):d-bougo/atmark/soumu.go.jp
注:このアドレスには迷惑メール防止対策を施しています。
使用の際は、/atmark/を、@に置きかえてください。
 

ページトップへ戻る