総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > スマートフォンを安心して利用するために実施されるべき方策

報道資料

平成24年6月29日

スマートフォンを安心して利用するために実施されるべき方策

−「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」の最終報告の公表−
 総務省では、「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」(座長:山口英 奈良先端科学技術大学院大学教授)の最終報告を公表します。

1 経緯

 総務省では、平成23年10月から、スマートフォンやスマートフォンを通じたクラウドサービスの利用に当たっての情報セキュリティ上の課題を抽出するとともに、安全・安心なスマートフォンの利用環境の構築のために講ずべき対策について検討すること等を目的として、「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」を開催してきました。当該最終報告案への意見募集を平成24年4月28日(土)から同年5月28日(月)までの間で行ったところ、別紙2のとおり10件のご意見をいただきました。

 今般、これまでの研究会における議論及び当該意見募集の結果を踏まえ、最終報告を取りまとめましたので、公表いたします。

2 最終報告

 ○スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会 最終報告(別紙1PDF
 ○提出されたご意見及び当該ご意見に対する研究会の考え方(別紙2PDF

3 関係報道資料

連絡先
情報流通行政局 情報セキュリティ対策室
担当:中谷課長補佐、牧野対策係長
電話:03-5253-5749 FAX:03-5253-5752
E-Mail:sc-security_atmark_ml.soumu.go.jp
(迷惑メール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。)

ページトップへ戻る