総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 2.5GHz 帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム用 小電力レピータの技術的条件(案)に対する意見募集の結果等

報道資料

平成21年6月22日
情報通信審議会
情報通信技術分科会
広帯域移動無線アクセスシステム委員会

2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム用
小電力レピータの技術的条件(案)に対する意見募集の結果等

(広帯域移動無線アクセスシステム委員会報告(案)に対する意見募集の結果)
 情報通信審議会情報通信技術分科会広帯域移動無線アクセスシステム委員会(主査:安藤 真 東京工業大学大学院教授)は、2.5GHz 帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム用小電力レピータの技術的条件(案)に係る委員会報告案について平成21年6月12日(金)までの間、意見募集を行いました。
 その結果、6件の意見の提出がありましたので、提出された意見及び意見に対する本委員会の考え方を取りまとめましたので公表します。

1 意見募集の対象

小電力レピータの技術的条件(案)別紙1(PDF)

2 提出された意見及び意見に対する本委員会の考え方

提出された意見及び意見に対する本委員会の考え方は別紙2のとおりです。

【関係報道資料】
 ・広帯域移動無線アクセスシステム用小電力レピータの技術的条件について審議開始
  (平成20年12月11日)
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2008/081211_2.html

 ・2.5GHz 帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム用小電力レピータの技術的条件に
  ついての関係者からの意見聴取(平成20年12月25日)
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2008/081225_4.html

 ・2.5GHz 帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム用小電力レピータの技術的条件(案)に
  対する意見募集(平成21年5月13日)
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban14_000012.html
連絡先
【意見の募集について】
連絡先:広帯域移動無線アクセスシステム委員会
(総合通信基盤局 電波部 移動通信課)
担 当:山口課長補佐、遠藤第二技術係長、杉本官
住 所:〒100−8926
     東京都千代田区霞が関2−1−2
     中央合同庁舎2号館
電 話:(直通)03-5253-5893 
     (代表)03-5253-5111 内線 5893
FAX:03-5253-5946
E-mail:bwa-lpr_atmark_ml.soumu.go.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と
 表示しております。送信の際には、「@」に変更して
 ください。

【情報通信審議会について】
連絡先:情報通信審議会事務局
(情報通信国際戦略局 情報通信政策課 管理室)
担 当:梅澤課長補佐、猪飼調整係長
電 話:(直通)03-5253-5957 
     (代表)03-5253-5111 内線 5957
FAX:03-5253-5945

別紙2

2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム用
小電力レピータの技術的条件(案)に対して提出された意見及び本委員会の考え方

意見 本委員会の考え方

 広帯域移動無線アクセスシステム(以下、BWAと記載)サービスは、従来の携帯電話サービスとは異なる、移動体への高速のデータ通信を安価に利用できるサービスとして、大きく期待されているものであります。
 しかしながら、使用する周波数が2.5GHz帯と第3世代携帯電話より高い周波数を使用していることから、駅やビルなど屋内へ電波が届きにくくなることが想定されるため、サービスエリアがかなり限定されることを、懸念しておりました。
 この度、屋内へのサービスを充実させうる手段として、小電力レピータが利用できるようになること、しかも、様々な場所へ迅速に設置可能となるよう、陸上移動局で包括免許申請が可能となる様な技術的条件を検討いただいたことは、今後のBWAサービスの発展において、大きく寄与するものと考えます。
 従いまして、この度の報告書(案)に基づき、早急に法制化されることを、希望いたします。

【パナソニック電工株式会社】

 本報告書(案)を支持する意見として承ります。

 この度の技術的条件(案)の内容に賛同いたします。
 次世代PHSの小電力レピータは、家庭や店舗等における通信エリア圏外の解消、品質向上のため、基地局によるカバレッジを補完する手段として極めて有効な手段であることから、早期の制度化を希望いたします。

【株式会社ウィルコム】

 本報告書(案)を支持する意見として承ります。

 「2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム用小電力レピータの技術的条件(案)」につきましては、個別の免許手続きが不要な包括免許申請によるデータ通信利用エリアの迅速な拡大の促進、国内外の技術の進展及び他の無線局への干渉防止等による周波数の一層の有効利用を考慮して、適切な内容であると考えられますので、賛同いたします。
 なお、本コメントは、社団法人電波産業会の高度無線通信研究委員会ブロードバンドワイヤレスアクセス部会(略称、BWA部会)で承認されたものであることを付記いたします。

【社団法人電波産業会】

 本報告書(案)を支持する意見として承ります。

 2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステムにおいて、屋外のみならず、屋内へのエリア拡充をおこなう為に、レピータの導入は非常に有効であると考えます。
 「小電力レピータの技術的条件」に関する本報告書案では、小電力レピータが迅速に設置することが可能となるよう、小電力レピータを包括化し、ユーザーが自由に設置・操作可能とすることなど、屋内への迅速なエリア拡張に繋がると考える為、本報告書案に賛同いたします。
 また、本報告書案にまとめられている小電力レピータの技術的条件に関して、商用化に向けた法整備などが、早急に行われることを希望いたします。

【京セラ株式会社】

 本報告書(案)を支持する意見として承ります。

 BWAサービスについては屋外のエリア整備のみならず屋内へのエリア拡充が求められており、個別の免許手続きを不要とし包括して免許が付与される小電力レピータの導入による迅速な屋内エリア整備に大きな期待が寄せられているところです。
 委員会報告書案における技術的条件につきましては、他の無線局への干渉等について十分検討されたものであり適当と考えられることから、本報告書案に賛同いたします。

【UQコミュニケーションズ株式会社】

 本報告書(案)を支持する意見として承ります。

 小電力レピータ技術的条件(案)の内容について賛同致します。
 今回の意見募集の対象となっている小電力レピータは、2.5GHzを使用した広帯域移動無線アクセスシステムの容易なエリア拡大を可能とし、今後のサービス拡大・普及を加速することが期待できる非常に重要な技術だと考えております。

【住友電工ネットワークス株式会社】

【住友電気工業株式会社】            

 本報告書(案)を支持する意見として承ります。

ページトップへ戻る