総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 特性試験の試験方法を定める件の一部を改正する告示案に係る意見募集の結果

報道資料

平成21年4月7日

特性試験の試験方法を定める件の一部を改正する告示案に係る意見募集の結果

〜950MHz帯構内無線局、フェムトセル基地局、時分割・直交周波数分割多元接続方式広帯域移動無線アクセスシステム用無線設備、ギャップフィラー等の試験方法の変更及び追加〜
 総務省は、平成16年総務省告示第88号(特性試験の試験方法を定める件)の一部を改正する告示案について平成21年2月13日から同年3月16日までの間、意見募集を行いました。
 御意見の提出はありませんでしたので、この結果を踏まえ、速やかに告示の一部改正を行う予定です。

1 改正の背景

 無線設備規則(昭和25年電波監理委員会規則第18号)、特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則(昭和56年郵政省令第37号。以下「証明規則」といいます。)等が改正され、950MHz帯構内無線局、フェムトセル基地局、時分割・直交周波数分割多元接続方式広帯域移動無線アクセスシステム用無線設備、ギャップフィラー等が導入されたことに伴い、証明規則別表第1号1(3)の規定に基づき、平成16年総務省告示第88号(特性試験の試験方法を定める件)の一部を改正することとしました。

2 告示案の概要

 平成16年総務省告示第88号(特性試験の試験方法を定める件)について、次の(1)、(2)、(3)、(5)及び(8)から(10)までを新たに追加し、(4)、(6)及び(7)の改正を行います。

(1) 構内無線局に使用するための無線設備(950MHz帯) 【証明規則第2条第1項第6号の2】
(2) 構内無線局に使用するための無線設備(2.4GHz帯) 【証明規則第2条第1項第6号の3】
(3) 特定小電力無線局に使用するための無線設備(テレメータ、テレコントロール及びデータ伝送(950MHz帯))
【証明規則第2条第1項第8号】
(4) 特定小電力無線局に使用するための無線設備(移動体識別(950MHz帯))
【証明規則第2条第1項第8号】
(5) フェムトセル基地局 【証明規則第2条第1項第11号の2の2】
【証明規則第2条第1項第11号の6の2】
【証明規則第2条第1項第11号の6の3】
【証明規則第2条第1項第11号の10の2】
【証明規則第2条第1項第11号の10の3】
(6) 設備規則第48条第1項のレーダー(第3種レーダー) 【証明規則第2条第1項第28号の3】
(7) 設備規則第48条第3項のレーダー(第4種レーダー) 【証明規則第2条第1項第29号】
(8) 時分割・直交周波数分割多元接続方式広帯域移動無線アクセスシステム基地局
【証明規則第2条第1項第53号】
(9) 時分割・直交周波数分割多元接続方式広帯域移動無線アクセスシステム陸上移動局
【証明規則第2条第1項第54号】
(10) 地上デジタルテレビジョン放送のギャップフィラー 【証明規則第2条第1項第57号】

3 意見募集の結果

 平成16年総務省告示第88号(特性試験の試験方法を定める件)の一部を改正する告示案について、平成21年2月13日から同年3月16日までの間、意見募集を行いました。その結果、御意見の提出はありませんでした。

4 今後の予定

 意見募集の結果を踏まえ、平成16年総務省告示第88号(特性試験の試験方法を定める件)の一部改正を速やかに行う予定です。
連絡先
総合通信基盤局 電波部 電波環境課
田邉課長補佐、丸山係長
TEL:(直通)03−5253−5908
    (代表)03−5253−5111
     内線 5908
FAX: 03−5253−5914
E-mail: giteki_shiken_atmark_ml.soumu.go.jp
「_atmark_」を「@」に置きかえて送信してください。

関係報道資料

 特性試験の試験方法を定める件の一部を改正する告示案に係る意見募集(950MHz帯構内無線局、フェムトセル基地局、時分割・直交周波数分割多元接続方式広帯域移動無線アクセスシステム用無線設備、ギャップフィラー等の試験方法の変更及び追加)(平成21年2月13日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/090213_4.html

ページトップへ戻る