総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 中国総合通信局 > 報道資料 2016年度 > 広島県・今治市におけるドローンを活用した実証実験に向けて

報道資料

平成28年10月7日
中国総合通信局

広島県・今治市におけるドローンを活用した実証実験に向けて

国家戦略特別区域の特例に係る特定実験試験局を免許
  広島県及び今治市は、国家戦略特別区域諮問会議(議長:内閣総理大臣)により、昨年12月に国家戦略特別区域に追加指定されたこと及び本年4月に区域計画が認定されたことを受け、特区事業「国際交流・ビッグデータ活用特区」の一環として、ドローンを活用した実証試験等を計画しています。
  総務省では、従来から、電波を用いた実験等を実施するために必要となる無線局(実験試験局)については、実験試験が円滑に行われるよう、一定の基準を満たした場合、免許取得手続きを簡素化する措置(特定実験試験局制度※1)を講じています。
  今回は、特に特区事業のために使用される特定実験試験局であることから、さらに手続を簡素化する特定実験試験局制度に関する特例措置(※2)を講じることとしました。
  中国総合通信局(局長:菊池 昌克)は、本日、上記特例措置に基づき、広島県・今治市の特区事業において実証実験等を行う2者に対し、特定実験試験局の免許を付与しました。
○特定実験試験局の免許概要
 

免許人

株式会社エネルギア・コミュニケーションズ

ルーチェサーチ株式会社

 

指定周波数等

・周波数帯:5GHz帯(5波)

・電波の型式及び空中線電力:40M0 D1D 192mW

移動範囲

・広島県内

三原市久井町吉田、尾道市

(尾崎本町、瀬戸田町荻、御調町

津蟹、御調町野間、向島町、

向東町)、福山市(内海町、沼隈

町)、東広島市河内町小田の区域

 

・愛媛県内

今治市上浦町盛の区域

・広島県内

三原市久井町吉田、尾道市

(尾崎本町、御調町津蟹、

御調町野間、向東町)、福山市
(内海町、沼隈町)、東広島市
河内町小田、廿日市市吉和
の区域

免許の有効期限

平成30930



○実証実験の概要
 ドローンによる島嶼部での物資輸送、インフラ構造物の点検、山林管理(植生や土壌状態の把握)等の実証実験が行われる予定です(別紙1PDF【349KB】を参照〔提供:広島県〕)。
 

※1 特定実験試験局制度とは
    特定実験試験局制度は、電波を用いた実験等を実施するために必要となる無線局(実験試験局)について、総務大臣が公示する周波数・地域・期間・空中線電力の範囲で開設する等の一定の基準を満たした場合、免許取得手続きを簡素化する制度です。

※2 特定実験試験局制度の特例措置とは
    特定実験試験局制度の特例措置は、国家戦略特別区域での区域計画に規定する特例事業に該当する場合、免許申請前の段階で申請内容の予備審査を行うことなどにより、免許発給までの手続きを大幅に短縮するものです。


【参考】
 1 国家戦略特別区域(首相官邸ホームページ)※別ウィンドウで開きます
   http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kokkasenryaku_tokku2013.html
 2 広島県・今治市 国家戦略特別区域 区域計画〔H28.4.13認定〕(別紙2PDF【224KB】を参照)
 3 今治市における電波を活用した実証実験について
   −四国では初となる国家戦略特別区域の特例に係る特定実験試験局による実証実験−(四国総合通信局)
   http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20161007.html


連絡先
無線通信部 陸上課
電話:(082)222−3362

ページトップへ戻る