総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 中国総合通信局 > 報道資料 2019年度 > 医療機関の電波利用機器に関するトラブルの事例や対策を紹介 〈広島市で「医療分野における電波の安全性に関する説明会」を開催〉

報道資料

令和2年1月22日
中国総合通信局

医療機関の電波利用機器に関するトラブルの事例や対策を紹介
〈広島市で「医療分野における電波の安全性に関する説明会」を開催〉

 中国総合通信局(局長:本間 祐次)は、医療機関において安心・安全に電波を利用するため、広島県広島市において「医療分野における電波の安全性に関する説明会」を開催します。

 近年、医療機関において、医療用テレメータ、無線LAN、携帯電話などの電波を利用する機器の活用が進んでいますが、適正な電波管理が行われていない場合、医療機器相互の混信や電波が届かないといったトラブルが発生する場合があります。
 本説明会では、医療用テレメータや無線LANなど、医療機関において使用する電波利用機器に関するトラブルの事例や対策について、具体的に説明します。

1 日時

令和2年2月26日(水)13時30分から16時まで(13時受付開始)

2 会場

ワークピア広島「芙蓉」
 (広島市南区金屋町1-17 )

3 内容

別添チラシPDFのとおり。

4 参加申込方法等

医療関係者、電波利用環境に関心がある方など、どなたでもご参加いただけます。
(定員90名、参加費無料)
別添チラシPDFを参照の上、2月21日(金)までにお申込みください。

5 各種認定制度について

本説明会は、以下の認定制度の更新のためのポイント/点数の付与対象となっています。
 ・MDIC(医療機器情報コミュニケータ)認定制度
 ・認定ホスピタルエンジニア(CHE)
 ・臨床ME専門認定士制度


連絡先
電波監理部電波利用環境課
電話:082-222-3311

ページトップへ戻る