総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 関東総合通信局 > 報道発表資料(2015年) > 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の平成28年度研究開発課題の公募

報道資料

平成27年12月18日
関東総合通信局

戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の平成28年度研究開発課題の公募

 総務省は、情報通信技術分野の競争的資金である「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE ※)」において、平成28年度から新規に実施する研究開発課題を以下のとおり公募します。
 なお、本研究開発課題の公募は、平成28年度予算成立後速やかに研究開発を開始できるようにするため、成立前に実施するものです。したがって、予算成立状況に応じて内容に変更があり得ることをあらかじめご了承ください。
※SCOPE:Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme

1 事業概要

 情報通信技術(ICT)分野において、新規性に富む研究開発課題を大学・独立行政法人・ 企業・地方公共団体の研究機関などから広く公募し、外部有識者による選考評価の上、研究を委託する競争的資金。これにより、未来社会における新たな価値創造、若手ICT研究者の育成、ICTの利活用による地域の活性化等を推進。

2 公募期間

平成28年1月12日(火曜日)から平成28年2月12日(金曜日)17時00分まで
(郵送の場合は、同日付必着)

3 公募を行うプログラム

 次のプログラムについて、提案を公募します。公募の概要、評価の主なポイント及び平成 28年度の主な変更点は、別紙1(公募の概要)PDFのとおりです。
 
戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 採択予定件数(全国)
(1)若手ICT研究者等育成型研究開発  
ア 若手研究者枠 【フェーズI】 15件程度
イ 中小企業枠【フェーズI】  5件程度
(2)電波有効利用促進型研究開発  
ア 先進的電波有効利用型【フェーズI・II】 15件程度
イ 若手ワイヤレス研究者等育成型【フェーズI】 10件程度
(3)地域ICT振興型研究開発【フェーズI】 20件程度

4 応募方法

(1)提案要領をご確認の上、提案書作成要領に従い、提案書を作成してください。
(2)提案に当たっては、以下のウェブページに掲載する研究開発課題の提案要領及び 提案書作成要領をご覧ください。 (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/scope/
(3)応募は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad(http://www.e-rad.go.jp/))による「電子申請」を行うとともに、総務省への「提案書の提出」が必要です。 各プログラムにおける提案書の提出先は、別紙2(提案書提出先及び問合せ先)PDFのとおりです。

5 関連する報道発表

総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の平成28年度研究開発課題の公募 (http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000151.html

6 その他留意事項

その他ご不明な点等につきましては、以下の【連絡先】までお問い合わせください。

連絡先
※E-mail(提案書提出及び提案に係る照会等専用)
k-scope.teian_atmark_soumu.go.jp
※関東総合通信局が管轄する都県
(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)
  • (1)「若手ICT研究者等育成型研究開発」、(3)「地域ICT振興型研究開発」について
    総務省 関東総合通信局
    情報通信部 情報通信連携推進課
    担当:山本、田村、箭内
    電話:03-6238-1683
    E-mail:gishin_atmark_soumu.go.jp
  • (2)「電波有効利用促進型研究開発」について
    総務省 関東総合通信局
    無線通信部 企画調整課
    担当:千田、佐藤、水口
    電話:03-6238-1732
    E-mail:kaihatu_kikaku_atmark_soumu.go.jp
    (注)スパムメール防止のため、「@」を「_atmark_」と表記しています。

ページトップへ戻る