総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2014) > 近畿2府4県における携帯電話・PHSならびにブロードバンドの普及状況(平成26年3月末)

報道資料

平成26年7月11日
近畿総合通信局

近畿2府4県における携帯電話・PHSならびにブロードバンドの普及状況(平成26年3月末)

−携帯電話、進む世代交代。第3世代から3.9世代LTEへ−
 近畿総合通信局(局長:金谷 学(かなや まなぶ))は、平成26年3月末現在の近畿2府4県における携帯電話・PHSならびにブロードバンドの普及状況について、以下のとおり取りまとめたので公表します。

1 携帯電話・PHSの普及状況

○ 携帯電話・PHSの契約数の合計は23,204,589 であり、前四半期からの増加数は、315,763で、
 伸び率は1.4%(全国は2.1%)となっています。
 ・携帯電話: 契約数は22,412,823で前四半期比320,281増。伸び率1.4%。
 ・PHS: 契約数は791,766で前四半期比4,518減。伸び率マイナス0.6%。
○ 3.9世代LTE方式の契約数は7,618,772であり、前四半期からの伸び率は19.6%となっています。
 一方、第3世代は伸び率がマイナス5.9%となっており、引き続き世代交代が進んでいます。
                               [別紙-表1〜3、参考-図1〜2]

2 ブロードバンドサービスの普及状況

○ 3.9世代を含むブロードバンドサービスの契約数は15,136,052であり、前四半期からの増加数は
 1,345,100となっています。また、世帯普及率は168.2%と、全国平均(165.6%)を2.6ポイント上回っ
 ています。                         [別紙-表4、参考-図3〜7]
○ FTTHアクセスサービスの契約数は4,581,016であり、前四半期からの増加数は39,624となっています。
 また、世帯普及率は50.9%となり、全国平均(46.8%)を4.1ポイント上回っています。なお、都道府県別
 のFTTHの世帯普及率では、滋賀県、京都府がそれぞれ62.4%、56.9%で引き続き全国で1位、2位となって
 います。                          [別紙−表5、参考−図8]
○ その他の各アクセスサービスについては以下のとおりとなっています。
 ・DSL: 契約数は610,934で前四半期比29,188減。    [別紙−表6]
 ・CATV: 契約数は1,290,072で前四半期比7,278減。   [別紙−表7]
 ・BWA: 契約数は1,035,241で前四半期比91,974増。   [別紙−表8]

【別紙】

【参考】


連絡先
連絡先:情報通信部電気通信事業課
      (担当:竹田、松山)
電話:06−6942−8517

ページトップへ戻る