総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2014) > 「先導的教育システム実証事業における実証地域の選定」に係る提案公募開始

報道資料

平成26年8月11日
近畿総合通信局

「先導的教育システム実証事業における実証地域の選定」に係る提案公募開始

 総務省は、「先導的教育システム実証事業」を文部科学省と連携して実施しますので、本事業に係る取組の提案を公募します。

1 事業の概要 

 本事業において、下記の実証研究を一体的に行う3地域(1地域あたり4校)を公募します。
(1) 「先導的教育システム実証事業」について
  教育情報化の全国展開を念頭に、家庭・学校・民間教育事業者とのシームレスな学習環境を
  実現するため、クラウドシステムを中心とした最先端の情報通信技術を活用し、多種多様な
  情報端末に対応した低コストの教育ICTシステムの実証を行う。
   今回の公募(「先導的教育システム実証事業における実証地域の選定」)は、文部科学省「先
  導的な教育体制構築事業」と連携しつつ、本事業の実証を行う地域を選定するもの。

(参考)文部科学省「先導的な教育体制構築事業」     
     クラウド・コンピューティング技術など最先端の情報通信技術を活用し、異なる学校間及び
    学校と家庭との連携を深め、新しい学びを推進するための指導方法の開発、教材・指導実践
    事例等の共有など、先導的な教育体制の構築に資する研究を実施する。

2 提案方法 

 総務省報道資料『「先導的教育システム実証事業における実証地域の選定」に係る提案公募開始(平成26年8月11日)』を確認のうえ、平成26年8月11日(月)から同年9月5日(金)(14時必着)までに提出してください。
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000057.html

連絡先
情報通信部 情報通信振興課
(担当:松山、西廼)
電話:06−6942−8520

ページトップへ戻る