総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2014) > なんばウォークで「デジアナ変換終了周知・相談会」を開催

報道資料

平成26年9月17日
近畿総合通信局

なんばウォークで「デジアナ変換終了周知・相談会」を開催

−平成27年3月までの円滑な終了を目指して−
 近畿総合通信局(局長:奥 英之(おく ひでゆき))は、一般社団法人デジタル放送推進協会、日本ケーブルテレビ連盟近畿支部との共催により、平成27年3月までのケーブルテレビのデジアナ変換サービス※の円滑な終了を目指し、同サービスを利用してアナログテレビで視聴されている方を対象とした「デジアナ変換終了周知・相談会」を開催します。
※デジアナ変換サービスとは、ケーブルテレビ会社が地上デジタル放送をアナログ放送の
 信号に変換し、アナログテレビで視聴可能になるサービスのことです。

1 開催日時及び場所(注)

平成26年10月1日(水)午前10時から午後5時まで
大阪市中央区難波 なんばウォーク『クジラパーク』
  <アクセス>なんばウォークのホームページhttp://walk.osaka-chikagai.jp/access/

 (注)近畿受信環境クリーン協議会が開催する「テレビ・ラジオの受信障害
    なんでも特別相談」、「受信環境クリーン図案コンクール作品展」と同
    時開催となります。

2 主催

近畿総合通信局
一般社団法人デジタル放送推進協会
日本ケーブルテレビ連盟近畿支部

3 協力

近畿広域地上デジタル放送推進協議会

4 内容

(1)トークショー(午前10時10分頃から)
   在阪放送局のアナウンサーがデジアナ変換サービスについて分かりやすく説明します。
(2)デジアナ変換サービス終了相談コーナー(午前10時20分から午後5時まで)
   デジアナ変換サービスに関する全ての疑問、質問にお答えします。
(3)街頭宣伝活動(午前10時20分から午後5時まで)
   デジアナ変換サービス終了のリーフレットを配布します。

<参考>

【近畿広域地上デジタル放送推進協議会】とは
 
 近畿地方において、多様かつ高度なサービスの実現が期待される地上デジタルテレビ放送の円滑な導入に資するとともに、その普及に資する活動を行っている団体です。

【10月はテレビ・ラジオの「受信環境クリーン月間」です。】
 報道発表の内容は、以下のホームページをご覧ださい。
 https://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01000555.html



連絡先
放送部 有線放送課
(担当:徳留)
電話:06−6942−8570

ページトップへ戻る